スポーツ

楽天・今江新監督に降りかかる「補強なし」「松井裕樹メジャー流出」「ベテランにクビ宣告」三重苦

 まさに火中に身を投じることに――。楽天イーグルスの来季新監督に今江敏晃打撃コーチが正式に昇格した。森井誠之球団社長は「風通しのよさを重視する。1軍、2軍の連係が必要」と新監督像についてコメントしていた。そうした上層部の意向を踏まえ、育成コーチや2軍コーチを歴任した今江コーチが選定された。

「低迷期にある楽天ですが、来年も戦力が整う見通しは立っておらず、今江監督は苦闘を強いられそうです。抑えの松井裕樹はFAでメジャーリーグ移籍が濃厚。楽天モバイルの赤字が親会社の利益を食い潰していて、野球にカネを使う余裕はなく、補強どころではない状況です。若手を鍛え上げて底上げしなければならない。主力は高年齢化が進み、今江監督は来季以降、ベテランに引導を渡す役目も引き受けなければなりません」(仙台メディア関係者)

 石井一久前監督はGM時代から次々と監督のクビをすげ替え、ついには自ら指揮官となってベテラン王国を作ったが、成績はふるわず。退任後は球団取締役シニアディレクターに就任。球団関係者が言う。

「石井さんはああ見えて、上にとても従順なタイプ。だから三木谷浩史オーナーと親しく、球団名誉職に横滑りできた形です。鶴の一声を正確に反映する手腕が、球団内で評価されていたということでしょう。逆に石井さんに対し、意見を言ってたてつく平石洋介(現・西武ヘッドコーチ)や嶋基宏(現・ヤクルトバッテリーコーチ兼作戦補佐)を排除する冷酷な性格から、下からはあまり慕われていませんでした。仙台ではそのあたりを見透かされてファン離れ、スポンサー離れが進んでいました」(前出・仙台メディア関係者)

 2013年から優勝が遠ざかっているイーグルス。就任会見で、今江新監督はこう言った。

「結果はもちろんだけど、結果を出すだけじゃなくて、ファンの方との交流もやりながら、負けてもまた球場に来たいなと思ってもらえるようなチームにしたい」

 その上で、強い意気込みを語っている。

「やるからには頂点を目指したい。監督、コーチ、スタッフ、球団職員の方々、チアも、球場整備の人もそう、売り子の人もそう。関わる全ての人がひとつにならないと、そこの景色は見えない。東日本大震災を乗り越えて、2013年に日本一になった。東北の勢いを凄く感じた。あの時の興奮と感動をもう一度、味わってもらいたい」

 再び栄冠は訪れるか。新指揮官の立て直しにかかっている。

(田中実)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】