芸能

腸炎は「仮の病名」か…絶食を強いられ闘病の詳細を伏せたまま逝った谷村新司「男の美学」

 あの日曜日の冷たい秋雨は、お天道さまの涙雨だったのだろう。

「アリス」のメンバーでシンガーソングライターの谷村新司さん(享年74)が今月8日に亡くなっていたことがわかった。葬儀は15日に近親者のみで執り行われたと、16日に所属事務所が発表している。

 所属事務所は「今年の3月に腸炎での手術を行い、療養を続けておりました谷村新司ですが、10月8日に息を引き取り、永眠いたしました。本人も回復に向けて頑張っておりましたので、本当に残念に思います」

 と無念さを滲ませるコメントを発表した。

「ミヤネ屋」(日本テレビ系)の生放送中に舞い込んだ突然の訃報に、コメンテーターとして出演していた高岡達之氏(読売テレビ特別解説委員)は「チンペイさん、早いです」と、涙で言葉を詰まらせた。

 40年前、高岡氏がMBSラジオ「ヤングタウン」の学生アシスタントだった当時、谷村さんと5年間、一緒に仕事をして以降、親交が続いていたという。

「とてもかわいがっていただきました。大阪城ホールの楽屋にも呼んでいただいて、テレビ局に就職したと言ったらしても喜んでくれた。われわれの手の届かない、中国の偉い方とも交流されて。でも読売テレビで私の顔を見れば『元気か』と言ってくださった。テレビでは言えませんけど、大人の作法というのを教えていただいた。あまりに早いです」

 どうにか言葉を紡ぐのがやっとだった。

 今年3月に受けた急性腸炎の手術はおそらく「仮の病名」なのだろう。緊急手術が必要なほどの重篤な病魔との闘いは、まさに「チャンピオン」の歌詞そのもの。腸が炎症を起こしたり破れたりすると、絶食を余儀なくされる。酷暑の中でも水を飲むことすらままならない。それでも谷村さんは闘病の詳細を明かさず、最期まで男の美学を貫いた。

「信じない。いやいや、俺は信じない。何度か電話しても出ないから、どっか旅にでも出たに決まってる」

 自身のインスタグラムに悲痛な心境を寄せたのは、シンガソングライターのさだまさしだった。まさにファンや音楽仲間には、遠い旅に出ているかのように思わせて、旅立ってしまった。

 谷村さんといえば「セイ!ヤング」(文化放送)を連想するほど、ラジオパーソナリティーとして秀逸だった。今の時代、セクハラと言われかねない世間のおじさん達の下ネタの元ネタは、ほぼ谷村さんだったと断言してもいい。

 MBSラジオは10月20日の「MBSヤングタウン金曜日」、文化放送は10月17日の「武田鉄矢 宵の三枚おろし」、そして10月21日には谷村さんと共に長年、文化放送の顔だった吉田照美の「伊東四朗 吉田照美 親父・熱愛」をそれぞれ、特別追悼編成にすると発表している。ハンカチじゃ涙を吸いきれない。分厚いタオル必携でじっくり聴いていただきたい。

(那須優子/医療ジャーナリスト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白