スポーツ

江川卓「昔は13~15km遅いスピードガン表示だった」ストレートの実際の球速

 元巨人で野球評論家の江川卓氏が現役時代の「スピード表示」について言及し、野球ファンの間で物議を醸していた。

 江川氏は先ごろ放送された「ナイツのちゃきちゃき大放送」(TBSラジオ)に出演した際、かつてのスピード表示について「昔はバッターの打つところを表示していた。今は初速といって、ピッチャーが投げる瞬間が出る」と説明。そのため昔は空気抵抗により今と比べると13~15キロぐらい落ちて表示されているとし、「いま150っていう表示は、昔でいうと137キロくらい」と語ったのだ。

 江川氏は自身のYouTubeチャンネルで神宮球場で「153キロ」を計測したことがあると語っており、事実であればこのとき166~168キロ出ていたことになる。これは日本人最速の大谷翔平や佐々木朗希の165キロを超えることになる。

 江川氏の速球を巡っては、2022年11月の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、1981年9月9日の大洋戦の球速をAIで解析。当時のスピードガンで144.5キロだったが、実際は158キロだったことが判明している。

 スポーツライターが語る。

「この時の解析では、江川氏の速球の1分間の回転数は2750回で、佐々木朗希の2520回、大谷翔平の2528回を上回っていました。速さで完全に2人の上を行っていたかは微妙ですが、球にホップがかかるぶん、余計に速くに見えたということでしょう」

 テレビのスピードガン表示が始まったのは1979年のこと。80年代には江川氏の他、中日の小松辰雄らのスピード競演がファンを喜ばせた。近年は高性能弾道測定器「トラックマン」が導入され、球速だけでなく回転数やリリース位置、打者の打球角度などさまざまなデータが集積されている。もし、当時の江川氏が現代の球場で投球したら、いったいどんな球速が計測されたのだろうか。江川氏が大谷や佐々木を超えていたというのも、あながちただの憶測ではないかもしれない。(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
5
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか