スポーツ

蝶野正洋「猪木さんの最期の映像は本意ではない」/テリー伊藤対談(3)

テリー 本の中で、アントニオ猪木さんの最期についても触れてますよね。闘病中に出たYouTubeの映像は「猪木さんの本意じゃなかったろう」と。

蝶野 猪木さんって常に洋服だとか身なりに気を遣う方で、俺が付き人をやってた時も、例えば練習後にお客さんが来ることがあるじゃないですか。そういう時もちゃんと着替えて、鏡を見て髪の毛も整えてから会うんですよね。そういう猪木さんを見てる俺からすると、あのYouTubeの動画は絶対あり得ないと思いますね。

テリー 実は僕もあの映像って見てないんですよ。猪木さんって大スターで、どこか怪しげで、そこがすごくみんなに愛された人じゃないですか。ちょっと猪木さんのあういうところって見たくなかったんですよ。

蝶野 たぶん、猪木さんもああいう映像は出したくなかったと思いますよ。

テリー 何で出ちゃったんですか。

蝶野 経緯を見ると、多分ですよ、その少し前に猪木さんのマネージメントをされてたズッコ(橋本田鶴子)さんが亡くなってるんですね。猪木さんのことをほんとにちゃんと考えている奥さんでしたから。

テリー ああ、そうなんだ。

蝶野 そのズッコさんが亡くなってから、ああいう映像が出るようになったんですよ。ズッコさんが生きていれば、もし出すにしても、ちゃんとした服を着せて、白髪も染めて、弱い猪木さんは見せないようにしたと思いますね。

テリー なるほど。

蝶野 まぁ、やっぱりあれだけの人ですから、猪木さんにたかるような人たちが、ずっと周りにたくさんいるんですよね。猪木さんは根本はものすごい純な人ですから。

テリー 失敗も多かったですよね。

蝶野 多いでしょうね。また猪木さん世代の昭和のスターって、格が違うというか、取り巻きも何か違うんですよ。乗り遅れそうになったら飛行機も止められちゃうぐらいの感覚の人たちなんです。それに周りの人たちも感化されるというか、だいたい付き人とかマネージャーもアントニオ猪木になっちゃうんです。

テリー アハハハハハ。みんながアントニオ猪木になっちゃう。

蝶野 なっちゃうんです。そうすると何かおかしなことになってきちゃうんですよね(笑)。

テリー 僕がすごく覚えてるのはね、もうずいぶん昔ですけど、猪木さんが「エネルギーを発明したから、記者会見やる」って言うんですよ。

蝶野 あれ、失敗したんです。動かなかったんです。

テリー 普通、そんな世紀の大発明だったら、大手企業をスポンサーにつけるとかすると思うんですけど、猪木さんと4、5人でやってるんですよね。俺、すげえなと思って。あれってプロレスと一緒ですよね。

蝶野 多分、プロレスラーって興行のトラブルがひどいんですよ。ビッグマッチなのに選手がドタキャンで来ないとか、すごい選手だって噂で実際に呼んでみたらポンコツで全然試合にならないとか。それでもどうすれば興行として成立させられるかって、昔は特にそういう臨機応変さって必要だったんですよね。猪木さんは、そういう臨機応変さにかけては天才的でしたから、とにかく記者会見も、やることが大前提だと。多分、そういう感じだったんでしょうね。

テリー ほんと、面白い人でしたよね。

蝶野 先は見てるんでしょうけど、その後で莫大な借金が来るんですよね(笑)。

ゲスト:蝶野正洋(ちょうの・まさひろ)1963年、米シアトル生まれ。1984年、「新日本プロレス」入門。海外遠征を経て、1989年に帰国以降は武藤敬司、橋本真也と「闘魂三銃士」として活躍、数々の名勝負から「黒のカリスマ」と呼ばれる。1996年、「nWo JAPAN」を結成し、一大ムーブメントを巻き起こした。2010年からフリーランスとして活動。以降はAED救命救急、地域防災の啓発、東日本大震災の復興支援など様々な社会貢献活動を行う。最新著書「『肩書がなくなった自分』をどう生きるか」(春陽堂書店)発売中。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談