社会

「上毛電鉄」新型車両導入に利用者が嘆き節のワケとは

 群馬県の中央前橋駅と西桐生駅を結ぶ「上毛線」を運営する上毛電気鉄道が新型車両を導入し、来年2月下旬から運用を開始すると発表した。

 新たに導入されるのは東京メトロ日比谷線で運用されていた「03系電車」。省エネルギーのための機器や大容量の冷房装置、液晶運賃表示機などの取り付けを行い、名前を「800形」に変えて上毛線で運用する。新車両の導入費用は1編成あたり3億円で、国と群馬県、前橋市・みどり市・桐生市の沿線3市で負担する。

 これまで使っていた車両は1962年に製造が始まり2011年に引退した京王3000系電車(写真)で、03系は1988年に製造開始、2020年に運用を終了と一気に新しくなる。また03系はすでに長野電鉄や北陸鉄道、熊本電気鉄道が導入した実績がある。利用者は大歓迎と思いきや、残念がる声も聞こえてくる。理由を鉄道ライターはこう解説した。

「地方の私鉄は支出を抑えるため、今回のように大手私鉄の中古車両を購入することがほとんどです。ところが上毛電鉄は車両を新造すると発表していました。利用者は『そんなお金があるのか』と眉唾ながら新たに造られる車両に期待していたんです。それが結局、新造されずに中古と決まり、ガッカリしているんです」

 さらに群馬の鉄道のライバル関係も影響しているという。

「同じ群馬県を走る『上信電鉄』も車両の多くを西武鉄道やJR東日本の中古を使っていますが、13年に自社発注で『7000形』を新造しました。沿線の富岡製糸場が世界遺産に登録されることが確実だったため、製造費用は国と群馬県など沿線自治体が全額補助して実現したんです。上毛線の利用者にしてみれば『近くを走る上信電鉄は補助を受けて新造したのに、上毛線は補助を受けて中古の購入とはどういうことか』という気持ちなんです」

 しかし、鉄道ファンにしてみれば懐かしい03系に乗れるほうが嬉しいもの。上毛電鉄の選択は最終的に吉と出るかもしれない。

(海野久泰)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」