芸能

女性レポーターに袋叩きにされた渡辺謙「ニューヨーク手つなぎ不倫」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 基本的に、スキャンダル発覚後に開かれる記者会見というのは、釈明の場である。したがって、たいがいはその多くに「全くの事実無根です」、あるいは「この部分は認めますが、ここは全然違っています」といった、否定の言葉が出てくることが常だ。

 ところがテレビカメラ16台、報道陣120人を前にした記者会見で、のっけから「記事に関してはおおむね事実です」「記事が出てすぐにお詫びすべきでした」「隙だらけなんでしょうね」「こんな男ですが、もう一度自分を見つめ直して前に進んでいきたい」と、恐ろしいほどの低姿勢で不倫の事実を認め、平身低頭で再起を誓った男がいる。「世界のケン・ワタナベ」こと渡辺謙だった。2017年7月15日のことである。

 当時、渡辺は南果歩と婚姻関係にあったが、2017年4月、ニューヨークのセントラルパークでの、21歳年下の日本人女性との手繋ぎデートをスッパ抜かれ、これが原因で南と別居。沈黙が続く中、3カ月後のこの日、東京・品川で記者会見に臨むことになったのである。

「(女性とは)話し合いをして、関係は解消しました」

 と説明する渡辺。だが、南の乳ガン闘病中のスキャンダル発覚に、

「何よりも妻に本当に苦しい、悲しい思いさせてしまった。きちんと謝罪して、コトがコトなので、少し時間をかけながらゆっくりと今、軌道修正しているところでございます」

 神妙な面持ちで頭を下げるのだった。

 ただ、本人も言うように「コトがコト」である。とりわけ女性にとっては許しがたい裏切りということもあってか、渡辺を最前列で囲む女性記者や女性レポーターたちの質問は、まるで南の心情を代弁しているのかのような、極めて厳しいものに終始した。

――騒動以来、自宅に帰っていないと聞いていますが。

「それはすぐに戻れないですよ。冷静になる時間が必要だったのもあります」

――荷物が自宅から叩き出された、と…。

「いや、叩き出されたとか、ということはなく…普通に宅配便で送っていただきました」

――結婚生活で浮気がバレたのは今回だけ?

「今回だけです…」

――世界のケン・ワタナベも普通の男性だったということですか。

「おっしゃる通りです…。弁解の余地はありません」

 まさに「針のムシロ」である。某番組では上沼恵美子からも「やだ~、ラスト・サムライやと思っていたのに、ただのオッサンやったね~」とバッサリ斬られた。

 結果、渡辺と南は翌2018年5月に正式離婚。その後、渡辺はくだんの女性と再婚したが、二度と針のムシロに座ることのないよう…。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴