社会

【現地ルポ】タイの夜遊びで今最も激アツな街「シラチャ」の「カラオケ通り」に行ってみたらなんと…

 現在、筆者はタイに来ている。タイのナイトライフは円安と物価高の影響で、今や日本の性サービス店で遊ぶ方がお得に感じる。そんな中、在住日本人から「シラチャがいい」という情報を聞きつけ、現地へと向かった。

 バンコクから車で南に1時間15分ほど南下した、チョンブリー県シラチャ。1990年代に周辺工業地帯に日本企業が進出を始めた、世界屈指の日本人街である。

 タイ在住者の情報によると、ナイトライフは日本で言うキャバクラにあたるカラオケがメインで、料金は1時間600バーツから1000バーツ(約2500円から4200円)ほど。連れ出しはショート2500バーツから3000バーツ(約1万円から1万2500円)と、在住日本人に適していてリーズナブルだ。若い女性が多く働いているという。

 一方で、タイのナイトライフでは高年齢化が進んでおり、バンコクやパタヤでは「自称20代」の嬢が、実際は40歳を超えていることもザラにある。若い女性が好きな人にとって、シラチャは「コスパ良く遊べる」と先の日本人は語るのだ。

 シラチャのメインとなるカラオケ通りに足を運んでみる(写真)。週末の夜9時過ぎ、約50人ほどのカラオケ嬢が路上に立ち並び、通りを歩く日本人客に一斉に声を掛けていた。

 カラオケ嬢はママがスカウトしてきた、18歳から20代前半の女性達。タイの地方出身者で、日本語はおろか、英語も話せない。

 3日前にラオスの国境付近の街から出てきたという19歳の女の子は服装もラフで、とてもカラオケで働くタイプには見えなかった。

 また、カラオケでは通常、女の子が「ドリンクを飲ませて」と言うのが一般的である。だが、シラチャの女の子達は言葉がわからないこともあるのか、ほとんど言ってこない。本来なら言うべきであるママも同様だ。

 在住駐在員や日本からの出張客の間で「シラチャは最もアツい」と言われており、パタヤのみならず、バンコクから車で2時間近くかけてやってくる客も多いという。

 バンコクやパタヤの夜の店にはない、ある意味、素人さというか謙虚さが、日本人の心に刺さっているのかもしれない。

(カワノアユミ)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】