社会

【ミステリー探訪】「宇宙人のミイラ」と「くちばしのある哺乳類の死骸」をめぐる臨床検査と物証写真「今後の展開」

 世界有数のUFO研究家として知られるハイメ・マウサン氏が、「ミイラ化した宇宙人の遺体」とする2つの標本をメキシコ議会で公開し、大ニュースになったのは2023年9月のことだ。

 ガラスケースに安置された2体はペルーのクスコで発見されたもので、およそ1000年前のものと推定される。いずれも細長い頭部を持ち、3本指。臨床検査により「頭蓋骨が組み立てられたり、操作された証拠はない」ことが明らかになったものの、その正体は現在も謎に包まれたままだ。年が明けてもこの騒動が継続することは間違いないだろう。

 ミイラ化した宇宙人の遺体で思い出すのは、2008年7月に米ニューヨーク州ロングアイランドにあるモントークの浜辺で見つかった、グロテスクな死骸だ。当時は謎のUMA「モントーク・モンスター」として、そのニュースが全米を駆け巡った。UMA研究家が解説する。

「この生き物の死骸は一見、哺乳類を思わせるも、顔にはくちばしがあった。まるで鳥と大きな動物を合わせたような体型でした。現場から30キロほどの場所には家畜疾病センターがあり、そこが1954年まで軍の施設だった。それゆえ、このモンスターは施設で遺伝子操作をして作られた化け物であり、それが逃げ出して死んだのではないか、といったまことしやかな話も流れました」

 死骸を発見したのは地元住民だが、メディアが報道した際には、波にさらわれたのか、あるいは何者かに持ち去られたのかはわからないが、すでに死骸は消えていた。そのため、モンスターを確認できる写真は、住民らに撮影されたもののみ。ただ、そこに写る姿は、まさに見たこともないUMAと言わざるをえないことから、 専門家による調査が続いた。

 しかし、死体が消えてDNA検査等に必要な物証が得られなかったことで、調査は難航を極めた。一部の専門家の間で「アライグマ」説はあるものの、現在もその正体の確定には至っていない。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること