スポーツ

中村俊輔は盛大に開催されるけど…Jリーグ「引退試合」の意外すぎる「決まり事」

 12月17日にサッカー元日本代表の中村俊輔氏の引退試合が行われるのを受け、引退試合に出場する城彰二氏が自身のYouTubeチャンネルで「引退試合の裏側」を明かした。城氏は2008年に横浜FCの主催で引退試合を行っているため、事情には詳しい。

 まず、引退試合を主催するのは最後に所属したクラブと決まっていて、長く在籍したチームやピークを迎えた時のクラブではないのだという。中村俊輔氏でいうなら最も長く在籍し活躍したクラブは横浜F・マリノスだが、最後は横浜FCだったので引退試合は横浜FCが主催する。城氏は、

「自分が所属した全クラブに協力してもらって引退試合をやろうと申請したが許可がおりず、最後に所属した横浜FCが主催で行った」

 と明かした。

 また引退した年にすぐ引退試合を行うこともできないのだという。

 他にもこんな規約があるとサッカーライターが補足する。

「引退試合の会場は原則として主催するクラブのホームと決まっています。また引退試合は1回しか開催することができません。加えて以前は、Jリーグおよび天皇杯の公式戦に通算500試合以上出場した選手しか引退試合を行うことはできませんでした。城氏は500試合に達していませんでしたが、功績を認められて特別に許可が下りた。その後、500試合出場は現実的ではないとして規約から外れています」

 開催のハードルがなかなか高い引退試合だが、城氏によると試合が行われてからの「演出」も難しいのだという。

「中村俊輔にゴールを決めさせてあげたいし、いい位置でFKを蹴らせてあげたい。演出しすぎてもダメなので難しいのよ。以前、中田浩二の引退試合(柳沢敦、新井場徹との合同引退試合)に参加したが、浩二がゴールを決められなくて困った。せっかくPKを蹴ったのにGKの曽ヶ端(準)が止めちゃったり。それはそれで面白いけど」

 中村俊輔の引退試合は豪華なメンバーが揃っただけに、そこまで心配をする必要はなさそうだ。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
4
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった