スポーツ

秋広優人にも猛練習させる巨人・阿部慎之助監督の「バント大好き」戦術は時代遅れの野球か

 プロ野球・巨人の秋広優人が秋季キャンプで「送りバント」の練習をしきりに課せられていた。

 秋広は今季、チーム4位の111安打、本塁打10本、打点41を記録したが、「犠打」はわずか2本にとどまっている。秋季キャンプでは「送りバントや進塁打は勝つために絶対必要」と、プロ通算533犠打を記録した川相昌弘コーチに指導を受けていた。

 長打力が魅力の秋広は今季、先発の場合は主に3番や5番を務めることが多く、自身のバットでチャンスを作るか、打点を期待されるポジションだった。そこへ来て秋季キャンプからのバント練習に、ファンからは「また監督か…」と阿部慎之助監督の「バント好き」を指摘する声が上がっている。

 スポーツライターが語る。

「そもそも阿部監督はバントを重視するタイプ。11月10日に行われた巨人と侍ジャパンの練習試合では、2安打を放った1年目の萩尾匡也外野手にまさかの3バントを指示。試合後『ツーストライク後でもスリーバントをやらせましたけど、僕はああいう野球をしていくので』と語っており、来季は場合によっては4番の岡本和真ですらバントを求められる地味な野球になるかもしれません」

 今季2年連続リーグ4位で終了した巨人の犠打は93とリーグ5位でも、そこまで少ない数ではない。「右打ちやバントができないと1軍には置けない」と断言している阿部監督だが、例えばセイバーメトリクスの創始者とされるビル・ジェームズ氏はバントを「手堅い攻撃ではない」と理論付けている。

 現代野球ではすでに「時代遅れ」に認定されているが、果たして…。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒