芸能

追悼・菅原文太 民族派烈士“野村秋介”との濃密な関係(2)お互いにファン同士だった

20141218b2nd

 2人が初めて出会ったのは、この2年前、平成2年(1990年)1月16日のこと。東京・中目黒の祐天寺において執り行なわれた政治結社・日本青年社の小林楠扶会長の葬儀の席上であった。2人は会場待合室で関係者から引きあわされたのである。

 面識こそなかったものの2人とも有名人、互いにその存在を知っていて、とても初めて会うという感じではなかったようだ。

「ああ、僕は昔から菅原さんのファンなんです」

 と野村が言えば、

「何をおっしゃるんですか。私のほうこそ野村さんの大ファンですよ」

 と文太も応じ、たちまち打ち解けあったという。

 ちょうどこの時期、野村秋介が精力的に取り組んでいたのが映画製作で、同年秋には自身のプロデュースによる2・26事件を題材にした須藤久監督の「斬殺せよ──切なきもの、それは愛」(若山富三郎主演、佳那晃子、ビートたけし共演)が東映系で封切られる予定になっていた。

 それが公開されて好評を博すと、野村はすぐに第2弾に取り組んだ。極道の若者の青春を描いた「撃てばかげろう」という作品で、野村が企画・原作・脚本を担当し、さらにゼネラルプロデューサーとして統括するという並々ならぬ力の入れようだった。監督が澤田幸弘、主演の元高校球児の兄貴分役を演じることになったのが、川谷拓三であった。

 このとき、野村は、

「旅先で主人公と触れあう重要な役どころのゲスト役は菅原文太しかいない」

 と文太に出演依頼の手紙を書いた。

 その墨痕あざやかな巻紙の手紙を受けとった文太は、まず何よりも「撃てばかげろう」という詩的なタイトル(もとより野村の命名である)にシビれ、台本も読まずに即快諾し、ゲスト出演が決まったのだった。アサヒ芸能の対談でも、文太は、

「それにしても『風の会』なんて、野村さん、ネーミングがうまいよね。ほんとに戦う男であるのにもかかわらず、非常に詩的で繊細な言葉が出てくる。いっしょにやった映画の、『撃てばかげろう』でも、そのタイトルにびっくりして、ほお、こんなネーミングを考える映画人はいないなぁ、と思いながら出演させてもらったんだもん」

 と述べている。

 同作品での文太は広島の赤ちょうちんの親父で、背中に鷲の刺青を背負った元極道という役どころ。抗争で逃走中の主人公・清水宏次郎をかくまい、言うセリフが、

「ヤ○ザなんて何を撃ったところでかげろうよ。命だけは大切にしろ」

 というもので、野村がぜひ文太に──と決めたのもうなずけるハマリ役であった。

 文太もノリにノって撮影に取り組んだ。鷲の刺青は酉年生まれの文太にちなんだもので、本物の彫師とスタッフが2人がかりで4時間かけて文太の背中に描きあげたものだった。「仁義なき戦い」の広能昌三の鯉の刺青のようなオリジナリティを──と、文太とスタッフが相談して決めた絵柄だったという。

◆作家・山平重樹

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”