社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<ヒートショック>浴室よりも危険な場所とは?

 寒い時期に気をつけたいのが「ヒートショック」だ。

 これは、急激な気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こす健康リスク。短時間で血圧が乱高下すると、心臓や血管に大きな負担がかかり、心筋梗塞や不整脈、脳梗塞、脳出血、大動脈解離といった重大な疾患を引き起こす原因となる。 厚生労働省の調査によると、入浴中の死亡者数は年間1万9000人以上にも上り、そのうちのほとんどが65歳以上の高齢者だという。

 特に気をつけたいのが「冬場の浴室」だ。「ヒートショック」は、急激な温度変化によって引き起こされるため、温度差が大きい場所ほど、発生のリスクが高まるからである。

 発症を防ぐためには入浴前の事前の準備が必要だ。まずは脱衣所に小型のヒーターを設置し、入浴前にあらかじめ電源を入れておく。浴室内は冷えているため、浴槽のフタを開けておくなどして浴室内を暖めておいたり、一番風呂を避けて二番目以降に入浴するといいだろう。

 入浴前の十分な水分摂取も肝心だ。入浴中に汗をかくと、体内の水分が減少するため、血液はドロドロになる可能性が高い。ドロドロの血液は血管を詰まらせる原因となってしまうからだ。

 他にも、入浴時間は、食後1時間以降を心がけてほしい。飲酒を伴わない食事でも、食後は消化器官に血液が集中し、血圧は低下しやすい傾向があるからだ。もちろん、入浴前後に飲酒は厳禁だ。

 浴室以外にも気をつけてほしい場所が「冬場のトイレ」だ。小型のヒーターを設置して、便座の暖房機能を利用したりする方法が有効だ。

 部屋の環境を整えるなど、事前の対策を万全にしてこの寒い冬を乗り切ろう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
4
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!