芸能

「お前、ケツから火吹きながら鼻からミルク出せるか」南部虎弾のスカウト電話に戦慄した芸人の告白/坂下ブーランの地獄耳芸能

 年明け早々、体を張ったカルト芸の重鎮たちが、次々と亡くなった。1月16日にエスパー伊東がこの世を去り、「ああ、悔しくてしょうがない!」と嘆いていた電撃ネットワークの南部虎弾もその4日後、あとを追うように眠りについた。今回は彼らの人柄がわかるエピソードを振り返りたい。

 関東芸人に詳しい高田文夫は、

「アイツも大病してたからね。しょっちゅう心臓も弱かったしさ」

 と南部に思いを寄せる。

 南部はもともと、ダチョウ倶楽部の初代リーダーだった。上島竜兵と初めて会った時の話だ。

「『お前が上島か』『上島です」』って。で、いきなり『ビー玉、何個飲めんの?』。そんなオーディションあるか。それが最初に交わした会話だよ。『1個も飲めない。飲んだことないですね』って竜ちゃん言ってんだから。どっちも死んじゃったよ。なぁ、いろんなことあるよ」

 高田はしみじみとそう語るのだった。

 ものまね芸人・ダンシング谷村も、同様のエピソードを披露する。

「実はダチョウ倶楽部から南部さんが分かれて電撃ネットワークを作る時に、僕のところに電話がありましてね。『お前、ケツから火吹きながら鼻からミルク出せるか』って言われて」

 いつも無理難題のスカウト文句を投げかけていたようだ。戦慄を感じた谷村は、

「それはできません。それができるのは、三五十五しかいません」

 と必死に答えたという。

 爆笑問題の太田光が言う。

「谷村と三五十五は友達だったっていう。そいつを押し付けたんだよ。それで三五十五が電撃のMCになったんだって」

(坂下ブーラン)

1969年生まれのテレビディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティー番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティーの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発を目指して奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」