スポーツ

前園真聖がピンクのポルシェを乗り回し練習は遅刻三昧だった「残念なチャラ男時代」

 日本サッカー史上に残るプレイボーイといえば、元日本代表の前園真聖氏と武田修宏氏で間違いない。サッカーファンなら納得のチャラ男ツートップだ。そんな前園氏が播戸竜二氏のYouTubeチャンネルに出演し、イケイケだった頃を振り返った。

 横浜フリューゲルスに入団した前園氏はユース代表や五輪代表を飛び越え、20歳でA代表入り。当時は寮を出て一人暮らしをしていたという。

「最初は横浜のちょっといい所に住んでいたんです。フリューゲルスなので。でも東京に憧れるんですよ。多摩川を渡りたいんです。代表に入ったら、カズさんとかキーちゃん(北澤豪)とか、みんな世田谷に住んでる。そこで世田谷にマンションを借りた。フリューゲルスの時から1年だけ横浜で、あとは世田谷」

 世田谷のマンションからフリューゲルスの練習場がある横浜まで車で通っていたという。しかし、夏になると湘南に遊びに行く人たちの車で渋滞が起こり、練習に何度も遅刻していたと明かした。罰金は1回30万円だったとか。

 練習に行くのに使用していたのが、ピンクのオープンカーのポルシェ。当時、武田修宏などヴェルディの選手たちがポルシェに乗っているのを見てかっこいいと思った前園氏は、

「チームメイトの渡邉一平さんとポルシェを見に行った。みんな黒や青、シルバーを持っているので一緒は嫌だから別の色がないか聞いたら、ピンクが出てきた。当時はピンクをいいな、誰も乗ってないなと思って。俺と渡辺さんで違う種類のピンクのポルシェを買ったんです」

 人と違う色を選んだつもりだったが、フリューゲルスのチームメイトである大嶽直人もピンクのポルシェに乗っていることがわかり、フリューゲルスにピンクポルシェ乗りが3人もいるという残念な状態だったようだ。

 目立ちたいという気持ちがあって購入したピンクのポルシェだったが、

「試合に出て代表に選ばれると顔が知られて、西麻布に行くとすぐにバレるようになって、これじゃないんだなと。それで1年ちょっとで別の車に乗り換えた」

 意外にもチャラ男時代は1年ほどで終わりを告げたようである。その後の前園氏の活躍は言うまでもない。早いうちに間違った生活をしていたことに気づいて何よりである。

 (鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」