社会

なんとAIが全員平等に写真を選出!今どきの卒業アルバムは「親の苦情対応」で「子供のカタログ」になっていた

 今どきの卒業アルバムが、とんでもないことになっていた。

 きっかけは2020年以降の新型コロナだ。政府の緊急事態宣言を受けて入学式も卒業式も行われず、運動会、学芸会、遠足に修学旅行も中止になった。授業中の写真は児童、生徒がマスクで顔半分を隠していて、誰が誰だかわからない。

 そして、アルバムに載せる写真がない…だと。そこで都内の公立小学校のPTA役員は、

「『家族の思い出写真を提供してください』と卒業生の保護者に呼びかけたんですが、これが大炎上しました」

 と振り返る。

「コロナ禍でどこにも連れて行けてない」「親が失業して思い出なんて作る余裕がなかった」などの声が保護者から上がり、とうとう小学校の思い出の写真がない子供が不公平だ、と学校にクレームが殺到したという。PTA役員が続ける。

「子供はコロナ騒動の被害者です。親が仕事を失って楽しい思い出を作れず、その上、個人写真以外に自分が1枚も写っていない卒業アルバムなんて…。黒歴史になってしまいますよね。同い年の子供を持つ親として、切なくなりました。担任の先生が仲のいい友達と一緒に写っている写真を撮ってくれて、それをアルバムに収容しました」

 別の公立小学校のアルバム担当委員は、

「プロのカメラマンをしているという保護者に運動会の代表撮影を頼んだら、これが自分のお子さんばかり撮っていて。アルバム制作の段階になり写真を持ち寄ったら、他の児童の写真がなくて頭が真っ白になりました。出来上がったアルバムを見て『××さんは可愛く撮れているのに、うちの子供の顔はイマイチだったのが納得いかない』『うちの子供の写真が○○さんのより扱いが小さい。○○さんは8センチ×6センチの写真なのに、うちの子供は6センチ×6センチだった』と怒り出した保護者もいました。その写真は学芸会のクライマックスで、他の児童も写っているので、他より大きなフレームになっただけなんですけどね」

 保護者の個性が強すぎて、もはや卒業アルバム作りはサスペンスホラー映画を見ているようだ。

 2月14日から公立学校教員の待遇改善に向けた議論が始まったが、こういう保護者のクレーム対応も教員のサービス残業に含まれる。結局、教員の業務と気苦労ばかりが増え、クレームやトラブルのもとになるので、最近は卒業アルバムにはノータッチの公立校、私立校が増えた。卒業アルバム制作を廃止した私立校もある。

 で、最新の卒業アルバムはといえば…。業務委託した写真スタジオのカメラマンが撮った3年分、6年分の写真データの中から、AIが生徒や児童の顔を識別、抽出して同じ大きさ、みんな平等に同じ枚数の写真が並ぶ。それなら保護者から苦情は出まい。

 人間が選んだ写真であれば、横顔から滲み出る子供達の緊張感や高揚感、キラキラした目の輝き、アルバムに変化と驚き、そして行事の臨場感が生まれるものを、AIが「平等に」のみ重きを置いたアルバムはまるで「子供のカタログ」だ。

(那須優子)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」