スポーツ

MGC1位選手を破り初マラソンの日本記録を塗り替えてもパリ五輪に行けない大学生ランナー・平林清澄「次の展開」

 大阪マラソンが2月25日に行われ、國學院大学3年生の平林清澄が、2時間6分18秒の好タイムでゴール。2時間4分48秒の記録を持つ実力者のスティーブン・キッサ(ウガンダ)を2秒差の2位に退け、初マラソンで優勝を飾った。MGC1位の小山直城は3位だった。

 平林は前回大会でトヨタ自動車の西山和弥が記録した、2時間6分45秒の初マラソン日本記録を更新。さらに昨年の別府大分毎日マラソンで青山学院大学の横田俊吾が20年ぶりに塗り替えた学生記録の2時間7分47秒を大幅に上回る、圧巻のマラソンデビューとなった。

 今大会はパリ五輪出場の最後の1枠を争うべく、MGCファイナルチャレンジの設定記録2時間5分50秒突破を目標に、多くの選手が挑んだ。ラストチャンスとなる3月3日の東京マラソンに結果は持ち越されたが、ここでも該当者が現れなければ、MGC3位の大迫傑が出場決定となる。

 とはいえ今回の激走劇で、平林の走りをパリ五輪で見たい、との声が出るのも頷ける。スポーツジャーナリストが言う。

「今大会でのパリ五輪選考にあたっては、昨秋のMGC出場がかかる大会で完走するか、MGC出場資格を有するという日本陸連の基準を満たす必要がありました。今回が初マラソンの平林は、仮に2時間5分50秒を上回る快走を見せたとしても、パリ五輪には出場できないわけです。もし破っていたら、世間がただではおかないでしょうが、ルール上、やむをえない。MGC1位の小山を破っての優勝に、日本陸連の強化委員会マラソン強化戦略プロジェクトリーダーの瀬古利彦氏は、2028年ロサンゼルス五輪に向けて新たなエース登場の予感と、喜びを露わにしていました」

 小山ら他の代表メンバーには、「平林待望論」を払拭する走りをパリ五輪で期待したい。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」