スポーツ

緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に

 千載一遇のチャンスを逃してしまうのか。メッツ・藤浪晋太郎の「不運」ぶりがクローズアップされている。

 藤浪は今季、メジャーリーグでのプレーを希望する日本人選手の中で最後に所属先が決まり、開幕戦に向けてキャンプ地のフロリダ州ポートーセントルーシーで調整を重ねていた。ところが今回、家庭の事情とビザ取得の関係で、一時帰国する。

 帰国は短期間であり、開幕まではまだ1カ月以上はある。時間的には問題がないとの声もあるが、現状は甘くないのが実情だ。

 どのチームも、本格的にオープン戦が始まっている。実績のある投手ならある程度、自らのペースでの調整は可能だが、メジャー2年目の藤浪はそんな立場にはない。しかも、今季も1年契約とあって、オープン戦から存在感をアピールしてシーズンに突入し、そのまま来季以降の複数年契約を勝ち取るのが、ベターな選択だ。メジャーリーグを取材するスポーツライターはこう話す。

「ボールの力強さなどは昨シーズンで実証済みながら、問題のコントロール難、突然崩れる悪癖がどこまで修正されているか、首脳陣としては早い段階から見たかった。本人はオープン戦の登板が数試合遅くなる程度、と考えているかもしれませんが、開幕が迫るにつれて、登板は主力が中心になる。藤浪に与えられるチャンスは当然、少なくなります」

 それだけではない。今やメッツのエース格として期待される千賀滉大が右肩痛のため、開幕時は負傷者リスト入りすることが濃厚で、先発枠がひとつ空く可能性がある。現在も先発にこだわり続けている藤浪にとっては、アピール次第ではその枠に飛び込むチャンスが生まれはずだった。

 オープン戦でいきなり好投するようなことがあれば、千賀が復帰してからもローテの一角に居座るケースはあるだろう。それだけに、数日間の遅れは命取りになるかもしれないのだ。前出のスポーツライターも、

「先発で投げたい藤浪にとっては今回が、今季に限っては最初で最後のチャンスだったかもしれないのに。昨年同様、シーズンに入ってから中継ぎや敗戦処理でコツコツ実績を積むしかないかもしれない。そうなると、またオフに契約問題が勃発…というパターンです。今回の帰国は本人を含め、誰が悪いわけではないだけに、気の毒な面はありますが」

 藤浪がアメリカン・ドリームを勝ち取ることを願っているファンは多い。腐らず突き進んでほしいものである。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」