芸能

視聴率ジワリ「不適切にもほどがある!」錦戸亮に続く「辞めジャニ」サプライズゲストの感涙候補

 放送回を追うごとに視聴率がジワジワ上がっている、今どきのコンプライアンスに挑んだ意欲作「不適切にもほどがある!」(TBS系、金曜22時)。

 このドラマの主演・阿部サダヲに窪塚洋介、さらに遠藤憲一や小栗旬、高橋一生、田中圭、佐藤隆太までチョイ役で出た伝説のドラマ「池袋ウエストゲートパーク」など、数々のヒット作を生んだ宮藤官九郎と、同局の磯山晶プロデューサーが「タイガー&ドラゴン」以来19年ぶりに、制作タッグを組んでいる。

 2月23日の第5話では、錦戸亮が5年ぶりの民放&地上波ドラマに復帰。錦戸の関連ワードが次々とXのトレンドワードのトップ10入りするほど、大反響を呼んだ。

 そこで視聴者やネットユーザーが次に盛り上がったのが、錦戸に続いて次にどの「辞めジャニ」がサプライズゲストで登場するかだった。

 1980年代にTBSの学園ドラマに出演していた松村雄基が本人役で登場することは、すでに発表されている。「3年B組金八先生」1期の三原順子と鶴見辰吾、近藤真彦もドラマ内でさんざんイジられている。

 中でも近藤の存在感は別格。磯村優斗演じる「ムッチ先輩」はマッチにちなんで「ムッチ先輩と呼ばないと後輩を殴る」ほどマッチに心酔。アイドル時代のマッチと同じ髪型と服装で登場し、作詞家の松本隆氏が近藤のために書き下ろした楽曲の歌詞そのままに、後輩の女子高生を口説いていく。松本氏は自身のXで、次のように語っている。

〈マッチ(本物)がムッチを気に入ったらしい。ぼくは冷や汗流しながら笑い転げてます。ぼくはクドカンに愛されてるような気がするんだけど。ハイブギ→マイおさ→セバワン〉

 松本氏もマッチも、このドラマを視聴していることが明らかになっている。不倫騒動に暴力トラブルと、相次ぐ醜聞報道で地上波から姿を消した錦戸が復活したのだから、近藤とムッチが並ぶ姿も不適切とは言われないだろう。テレビ関係者が言う。

「近藤のほか、辞めジャニ俳優の中でサプライズゲストとして期待されるのが、宮藤作品に出演してきた香取慎吾や山下智久、長瀬智也です。特に長瀬は宮藤脚本ドラマには欠かせない存在。もし阿部の運命を変える男として長瀬が登場したら、クドカンファンは涙なくして見られない。東日本大震災後の『あまちゃん』、関東大震災を描いた『いだてん』、そして『不適切にもほどがある!』は阪神・淡路大震災がテーマ。震災3部作となっています。TOKIO脱退後、裏方に回ると表明した長瀬ですが、新年早々に能登半島地震が起き、さらに宮藤と磯山プロデューサーに頼まれれば、被災者のために男気を見せるかもしれません」

 タイムトラベル、考察モノといった近年に見飽きた設定だけで、クドカンドラマがこのまま終わるとは思えない。

(那須優子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え