スポーツ

井端弘和と宮本慎也がもろ手を挙げて絶賛する日本の大砲候補「広島・田村俊介」の潜在パワー

 鈴木誠也のメジャー移籍以降、「4番打者」が不在だった広島カープに、ついに待望の大砲が生まれそうだ。

「ポスト誠也」の筆頭候補に躍り出たのは、2021年のドラフトでカープから4位指名を受けた田村俊介だ。2022年は2軍公式戦43試合に主に外野手として出場し、打率1割8分5厘、0本塁打、11打点とプロの洗礼を浴びたが、2023年は1軍キャンプを完走。ケガなどもあり、1軍公式戦はわずか10試合の出場にとどまるも、打率3割6分4厘を記録した。

 今季はパワフルなスイングと優れたバットコントロールが首脳陣の目に止まり、3月6日、7日に行われる侍ジャパンの強化試合・欧州選抜戦のメンバーに抜擢された。井端弘和監督がキッパリと言うには、

「次のWBCなのか、次のオリンピック予選やオリンピックなのかはわかりませんが、いずれ必ず代表に入ってくる選手だと思います」

 元ヤクルトで北京五輪代表のキャプテンを務めた宮本慎也氏も、もろ手を挙げて大絶賛だ。

「注目してほしいのは田村(俊介)です。これやりますよ、多分。これはやります。ほぼ実績ないのに(侍ジャパン)選ばれたじゃないですか。将来的には3割30発、目指していいバッターですね。力あるんですよ。打ち方もいいですね。これなかなかいいですよ、マジで」

 田村は愛工大名電高校時代、1年春からベンチ入りし、夏からエースとして登板。3年時には甲子園に出場したが、1回戦に先発登板して敗れている。試合後に二刀流でのプロ志望を明言したが、通算32本塁打を誇る非凡な打撃センスを買われ、カープでは左の大砲として期待されている。

「東海地方を担当する松本有史スカウトはこれまで、堂林翔太、菊池涼介、栗林良吏、西川龍馬、野間峻祥、床田寛樹らを発掘しています。松本スカウトは田村について『坂倉と西川を足して2で割ったような選手』と評価し、太鼓判を押していますね。地元の中日にしてみれば、惜しい人材をみすみす獲られたといっていいかもしれません」(スポーツライター)

 かつては岩瀬仁紀や山井大介や浅尾拓也など、地元の逸材をガッチリ押さえていた中日。最近は数こそ多く指名しているものの、なかなかチームの顔になる選手は育っていない。近い将来、田村が日本代表の4番を務めるようなことがあれば、地元の中日ファンは地団駄を踏んで悔しがることだろう。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ