芸能

杏、国仲涼子、田中哲司…新婚役者たちの視聴率バトルの勝者は!?

20150106an

 昨年は綾瀬はるかが主演したドラマ「きょうは会社休みます。」(日本テレビ系)の“こじらせ女子”が新語・流行語大賞の候補に選ばれるなど、テレビ離れが叫ばれる昨今においても、やはり女性視聴者を獲得したドラマは強い。

 そこで2015年1月にスタートする新ドラマの中で期待が大きいのはどの作品なのか。女性の反応を探りつつ、いくつかピックアップしてみよう。

 まず、一番の盛り上がりを見せているのが「デート~恋とはどんなものかしら~」(フジテレビ系)だ。主演は先日、東出昌大との結婚を発表した杏と、映画「進撃の巨人」など話題作への出演が続く長谷川博己。理系女子とニート男子が結婚を目指していく恋愛ストーリーだ。ネット上では「シリアスもコミカルな役もこなせる2人の駆け引きが楽しみ」「長谷川さんのダメンズ役が見もの」などの声が多数だが、「向井理との結婚を発表してますますキレイになった国仲涼子の演技にも期待したい」との声も。期待の「月9」だけに、W新婚女優の出演で視聴率を稼げるか?

 続いては「ゴーストライター」(フジテレビ系)。主演は中谷美紀で、自分の才能の枯渇に怯える天才小説家が、水川あさみ扮するゴーストライターに自分の名前で文章を書くことを許してしまうヒューマンサスペンス。「2人がドロドロとした女の友情や憎悪を安定した演技で表現してくれそう」「13年ぶりの連ドラ主演の中谷美紀の演技に期待」「半年ぶりに三浦翔平くんの久々にかっこいいお姿が連ドラでみれるのが楽しみ!」などの声の他に「仲間由紀恵さんとの結婚で株を上げた田中哲司さんに注目」といった声もあった。

 さらに大河ドラマ「花燃ゆ」(NHK)にも期待が集まる。出演は吉田松陰の妹役・井上真央の他に伊勢谷友介、高良健吾、東出昌大、大沢たかおなど。兄の死、夫の死、再婚と幕末の激動期を生き抜いた女性の物語だ。「井上真央に絡む男優がイケメンばかり!」と早くも興奮気味の声が多数。

 新婚の役者がズラリと並ぶ1月ドラマ。高視聴率で幸先の良い新婚生活を送るのは誰!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス