芸能

杏、国仲涼子、田中哲司…新婚役者たちの視聴率バトルの勝者は!?

20150106an

 昨年は綾瀬はるかが主演したドラマ「きょうは会社休みます。」(日本テレビ系)の“こじらせ女子”が新語・流行語大賞の候補に選ばれるなど、テレビ離れが叫ばれる昨今においても、やはり女性視聴者を獲得したドラマは強い。

 そこで2015年1月にスタートする新ドラマの中で期待が大きいのはどの作品なのか。女性の反応を探りつつ、いくつかピックアップしてみよう。

 まず、一番の盛り上がりを見せているのが「デート~恋とはどんなものかしら~」(フジテレビ系)だ。主演は先日、東出昌大との結婚を発表した杏と、映画「進撃の巨人」など話題作への出演が続く長谷川博己。理系女子とニート男子が結婚を目指していく恋愛ストーリーだ。ネット上では「シリアスもコミカルな役もこなせる2人の駆け引きが楽しみ」「長谷川さんのダメンズ役が見もの」などの声が多数だが、「向井理との結婚を発表してますますキレイになった国仲涼子の演技にも期待したい」との声も。期待の「月9」だけに、W新婚女優の出演で視聴率を稼げるか?

 続いては「ゴーストライター」(フジテレビ系)。主演は中谷美紀で、自分の才能の枯渇に怯える天才小説家が、水川あさみ扮するゴーストライターに自分の名前で文章を書くことを許してしまうヒューマンサスペンス。「2人がドロドロとした女の友情や憎悪を安定した演技で表現してくれそう」「13年ぶりの連ドラ主演の中谷美紀の演技に期待」「半年ぶりに三浦翔平くんの久々にかっこいいお姿が連ドラでみれるのが楽しみ!」などの声の他に「仲間由紀恵さんとの結婚で株を上げた田中哲司さんに注目」といった声もあった。

 さらに大河ドラマ「花燃ゆ」(NHK)にも期待が集まる。出演は吉田松陰の妹役・井上真央の他に伊勢谷友介、高良健吾、東出昌大、大沢たかおなど。兄の死、夫の死、再婚と幕末の激動期を生き抜いた女性の物語だ。「井上真央に絡む男優がイケメンばかり!」と早くも興奮気味の声が多数。

 新婚の役者がズラリと並ぶ1月ドラマ。高視聴率で幸先の良い新婚生活を送るのは誰!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、ベルトに乗っかりそうな“Gバスト”に騒然「ものスゴい曲線!」
2
新山千春、伊藤かずえの「シーマ」に便乗?13年愛車アピールに揶揄噴出!
3
お嬢様アナ奔放下半身(1)TBS田村真子“パックリ大開脚”にパパも仰天?
4
出川哲朗、「マリエの衝撃暴露」前に指摘されていた占い結果にネットが戦慄!
5
テレ朝・森川夕貴、“Dカップ強調”激化の裏に「テレ東WBS撃退役」の重責!?