芸能

LE SSERAFIM・NATURE・NewJeansの「対立・活動終了・空中分解」…韓国ガールズグループに「騒動の連鎖」

 韓国発のガールズグループに、立て続けに騒動が勃発している。

 HKT48の元メンバーで、2021年までは日韓合同12人組アイドルグループIZ*ONEで活躍していた宮脇咲良が現在所属しているのは、LE SSERAFIM。韓国人2人、韓国系アメリカ人1人、日本人2人というメンバー構成で2022年に活動開始した同グループは4月13日、アメリカで開催された世界最大級の音楽フェス「コーチェラ・ミュージックフェスティバル」に出演した。これに韓国では、パフォーマンスへの批判が噴出。「歌唱力が未熟」「可愛いだけ」といった厳しい声が出ているのだ。

 これに宮脇が反応。ファン向けのプラットフォームに、思いの丈を長文で綴った。

〈誰かの目には、未熟かもしれない。でも誰にとっても完璧な人なんていなくて、私たちが見せてきたステージの中で、最高のステージだったことは、揺るぎない事実です〉

 といった具合なのだが、この反論が「言い訳がましい」「プロではない」などとさらに批判を拡大させることになる。

 宮脇は4月27日に行われたLE SSERAFIMの3rdミニアルバムのオンライン特典会を、体調不良により欠席。収まらない批判のため、心労が重なったのではないかと囁かれている。

 韓国人7人、日本人1人、中国人1人の9人組グループNATUREは、日本人メンバーのハルが、宮城県仙台市のキャバクラに勤務していることが判明して、ファンが衝撃を受けた。

 ハルは4月26日、インスタグラムのストーリーズに投稿。

〈私を応援してくださる皆様、本当にありがとうございます。今はまだ言いたいことを伝えられないので、もう少し待っていてもらえたら嬉しいです〉

 ところがNATUREの所属事務所であるn.CHエンターテインメントは4月27日、グループの活動終了を発表した。

 また、この5月、6月と2カ月連続でシングルを日韓でリリースし、6月には東京ドームでファンミーティングを開催予定のNewJeansも、トラブルに見舞われている。グループの生みの親であり、所属レーベルのCEOを務めるミン・ヒジン氏と親会社HYBEの間に、お家騒動が勃発しているからだ。

「ミン氏はNewJeansを連れてHYBEを出るのではないか」といった憶測が飛び出し、日本正式デビューを目の前にして、メンバーは冷水を浴びせられた格好だ。

 なぜ韓国ガールズグループから、こうした問題が噴出し続けるのか。K-POPに詳しい音楽ライターは、

「LE SSERAFIMにしろNATUREにしろ、マネージメントがメンバーをコントロールできてないのでは。宮脇のケースは、批判に対する彼女の反論がさらに批判を呼ぶ流れですが、マネージメントが彼女を抑えるべきだった。NATUREの場合も、活動休止中で帰国していたハルの行動を把握していなかったことが問題です。彼女のキャバクラ勤務とグループの解散に、直接の関連性はないようですが…。NewJeansの件も含め、アーティストのマネージメントに関わるスタッフの力量不足や仕事に対する姿勢が、グループを窮地に追い込んでいる図式は否定できません」

 本来、アーティストを守るべきマネージメントの綻びが、アーティストをピンチに立たせているのである。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
2
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】