芸能

テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…

 朝の情報番組「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)の総合司会に抜擢されて2年余り。局の顔として活躍する斎藤ちはるアナ(27)は過去の苦い経験を振り払うかのように、遠距離恋愛を実らせようとしている。

 スポーツ紙とニュースサイトが、時期を同じくして斎藤アナとラグビー日本代表の姫野和樹選手(29)の交際を報じたのは4月24日のこと。人気アナと一流アスリートというビッグカップルの誕生に、周囲は祝福ムードに包まれている。

「姫野は『トヨタヴェルブリッツ』に所属しており、名古屋近郊のマンション住まい。練習などで地元を離れるのが難しい。一方、斎藤アナは月曜から金曜まで『グッド!モーニング』の放送がある。そのため、仕事がない週末に東京から足繁く通い、愛を育んでいました。一緒に過ごせるのはわずかな時間。多忙なスケジュールの合間を縫って会いに行くなど、斎藤アナの本気度の高さがうかがえます」(テレビ朝日関係者)

 元乃木坂46出身のアイドルアナの宿命か、これまで何かとマスコミのターゲットにされてきた斎藤アナ。人一倍警戒心が強く、週刊誌対策としてテレ朝を退勤する際も、毎回出口を変えるなど、細心の注意を払っていたという。

 そんな中、ニュースサイト「NEWSポストセブン」が斎藤アナの名古屋お忍びデートの様子を激写。街中の焼き肉店から姫野に寄り添うように出てくると、そのまま姫野の高級自家用車で自宅へ向かって、堂々のお泊まり。短い逢瀬を楽しむ2人の仲睦まじい姿を報じたのだ。

 これまでの斎藤アナの行動を考えると、あまりにもガードがユルすぎる気もするが‥‥。その裏にはある恋愛トラウマが影響していると、テレビ朝日の関係者は指摘する。

「21年に報じられた元TBSアナウンサーとの熱愛騒動のダメージをいまだに引きずっています。報道直後に男性アナに『6股疑惑』が浮上し、前代未聞の〝赤坂のドンファン騒動〟に巻き込まれてしまった。その後も事あるごとに〝ドンファン〟との関係が面白おかしく取り上げられることに。局内からはやっかみもあり、斎藤アナに批判の声が上がることもあった。その後も交際報道がウンヌンされましたが、長続きはしなかった。そんな〝キズ物〟イメージを払拭するには、姫野はうってつけの人物だったのです」

 確かに日本代表の爽やかなラガーマンとあれば、相手として申し分ない。無防備にツーショットを晒したのは、むしろ真剣交際のアピールだったのかもしれない。

「本格交際に発展したのは昨年の夏頃。2人のインスタには関係を匂わすような写真がたびたびアップされていました。昨年の大晦日に撮影されたと思われる伊勢神宮の写真がそれぞれのアカウントにアップされましたが、背後に同一人物が映っているなど、決定的なカットも。意図的なリークと受け取るムキもあり、各マスコミが取材に動いたようです」(スポーツ紙記者)

 報道後も2人からの公式コメントはないが、画面に映る斎藤アナは、以前に増して輝いて見える。「匂わせ婚」を成就させて、ドンファン騒動もノーサイドといきたいところだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し