社会

豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人

 天下人・豊臣秀吉に耳鼻をそがれた姿で殺された茶人がいる。山上宗二(やまのうえ・そうじ)である。

 わび茶の完成者で、茶聖ともいわれた千利休は豊臣秀吉の寵愛を受けていたが、天正19年(1591年)、突如として秀吉の逆鱗に触れ、聚楽屋敷内で切腹を命じられると、70歳でこの世を去った。

 だが、切腹には自身だけでなく一族の名誉を保つという社会的な意味もあり、町人など身分の低い農民、町人身分には許されない処刑方法だった。

 利休は境の商家の出身だったが、秀吉の側近で、多くの大名に影響力を持っていた。また、禁中茶会のため参内が許されており、ある意味、名誉ある死だった。

 ところが利休の高弟のひとり、宗二の処刑方法はなんとも無残なもの。宗二は20年間、利休から茶の湯を学び、茶匠として秀吉に仕えた。ところが天正12年(1584年)、理路整然と意見を述べたため追放され、浪人になった。

 その後、前田利家に仕えたが、天正14年(1586年)にも秀吉を怒らせて出家し、高野山に逃亡したとされている。のちに小田原に向かい、北条氏のもとで茶の指南をすることになったという。

 北条早雲末子で、箱根権現の別当となった北条幻庵も、宗二から茶道を学んだといわれている。

 天正18年(1590年)、秀吉が「小田原征伐」を開始した。当初は宗二も小田原城に籠城していたが、茶の湯を通じて交友があった皆川広照が、秀吉が投降する際に同行。師である利休の仲介もあって、秀吉との面会が許された。秀吉はこの時、宗二を再登用するつもりだった。

 勝者である秀吉はもちろん言いたい放題で、北条の人間の悪口を言い立てる。そのひとりに幻庵もいた。宗二は幻庵に対する秀吉の発言に、反論したという。

 この頃の秀吉はもはや裸の王様状態で、他人の言葉に耳を貸すわけがない。反論に烈火のごとく怒り、耳と鼻をそぐように命じたのである。その上で首を刎ねた。

 宗二は茶人らしからぬ姿を晒す最期を遂げたのである。享年46。箱根湯本の早雲寺に追善碑がある。

(道嶋慶)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し