芸能

太川陽介ショック!「ローカルバスVS鉄道」対決旅がバス路線廃止とルート設定難で「存続危機」に

 太川陽介の人気番組の今後を心配する声が、ファンから上がった。きっかけは5月15日の「水バラ」(テレビ東京系)で放送された「ローカル路線バスVSローカル鉄道乗り継ぎ対決旅 大感謝祭!視聴者還元SP」である。

 これは昨年3月に放送された第15弾の再放送。とはいえ、ただの再放送ではなく、太川と村井美樹が解説を加えながら、2人が訪れなかった店のグルメを紹介するという、新たな要素があった。これにテレビ誌記者は不満をあらわにする。

「2人の解説に興味を引かれるものはなく、グルメ情報も少ない。実質的には、ただの再放送でした。これなら新たな回を放送してほしかった。番組ファンも同じ思いですよ」

 では、なぜ新作を放送しなかったのか。テレビ誌記者が続けて、その理由を指摘する。

「この『バスVS鉄道』は、ルート設定が難しい。まず、バスと鉄道が両方ともないといけません。鉄道があってもバスが途切れていたり、バスがつながっても近くに鉄道がなければ、番組の舞台としては不適当。さらに番組的には、バスチームと鉄道チームが接戦になるようなルートとなると、簡単には見つからない。千葉と茨城が何度も舞台になっているのは、他のルート探しに困っている証拠です。今回、本当は新たな旅をしたかったのですが、ルート設定が間に合わなかったのではないか」

 この問題は時が経てば解決するものではなく、むしろバス路線の減便や廃止という世の中の潮流によって、より困難になっていく。ルート設定ができないことを理由に、番組が終了する可能性も否定できないのだ。

 太川と村井の激しい戦いに手に汗握る、多くのファンがいる本作。今後、続けていくには、なんらかのルール変更が必要になるかもしれない。

(鈴木誠)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
2
【こりゃ何だ!?】空から羊・熊・鹿の肉が大量に降ってきた!「ファフロツキーズ現象」の研究結果
3
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
4
新庄剛志監督から「仰天指令」が出る!オールスター出場に怯える日本ハムナインのボヤキ
5
新庄剛志と日本ハムが去って「札幌ドーム」は火の車に!3時間で赤字が1億円超も増える「悪夢」