芸能

ゆうちゃみ「入浴は週1回」で引き起こされる「雑巾と腐ったヨーグルト」モーレツ悪臭地獄と不妊症

 日曜日の夜に、こんな話を聞きたくなかった視聴者もいたことだろう。

 モデルの「ゆうちゃみ」こと古川優奈が5月19日放送の「行列のできる相談所」(日本テレビ系)で、衝撃発言をブチかましたのだ。なんと週に1回しかシャワーを浴びないというのだ。

 番組では「令和の新常識」として「お風呂は1週間に1回。湯船に入らないというわけではなく、シャワーも1週間に1回」という若者の声を紹介した。

 このインタビュー映像に続いて、ゆうちゃみが発言。

「バレへんし、いいかって。いったん香水振っとけばいいかって」

 MCの東野幸治らが唖然とする中で、ギャル芸人「エルフ」の荒川も追随。

「シャンプーしたら、髪の色が落ちちゃうんですよ。入るのがもったいないって感じちゃう」

 2人が「新常識」に賛同したのである。

 これを見て気になったのは、これからの季節、特にニオイが強烈になる「スソワキガ」。本人は気付かない、陰部からのモーレツな悪臭だ。

 スソワキガは、体質や遺伝によって腋窩の皮膚の毛穴にあるアポクリン腺から分泌される汗が原因で強いニオイを発する「ワキガ」とは、ちょっと事情が違う。ワキガが腋の下を清潔に保ってもニオイが取れない、悩み多き「疾患」なのに対し、スソワキガは体質に加えて、本人の生活習慣によっても引き起こされるからだ。

 スソワキガが出やすい体質はある。毛穴が多いほどアポクリン腺も多いため、デリケートゾーンが剛毛な人ほど、ニオイの原因となるアポクリン腺からの分泌物が多く、悪臭を発しやすい。脱毛ケアは毛根のメラミン色素を焼くのみなので、永久脱毛をしたからといって、アポクリン腺からの分泌が減るわけではない。毛穴のアポクリン腺を焼くには、また別の治療が必要となる。

 アポクリン腺から出た汗と、汗に含まれる脂肪酸が下着の中で蒸れると、雑菌が繁殖。ネギや雑巾、カレーや腐ったヨーグルトのような悪臭を発する。さらにシャワーも浴びず、陰部を不潔にしていることで、尿、便、おりもの、ティッシュペーパーの拭きカス、恥垢…などをエサに、さらに雑菌が繁殖して、強烈な悪臭を発する。困ったことに、悪臭に慣れている本人には、悪臭の自覚症状がない。下着が黄色く汚れる人は、スソワキガを疑った方がいいだろう。

「シャワーも週1回」発言は、さすがに放送作家が台本を書いた「ネタ」かもしれないが、もしモデルが着た服の股の部分が黄色くシミになったら、興醒めもいいところ。カビや菌は、相手を選ばない。若い女性でもインキンタムシ、性器カンジダ、尿路感染症を引き起こし、重症化すれば不妊症にもなる。

 バラエティー番組のネタを真に受けて「入浴は週1回」の不潔生活を送った結果、デリケート部分が腫れ上がり、病院で恥ずかしい思いをするのは自分自身だ。

 ワキガやスソワキガは美容外科で自費診療、治療が可能だが、美容外科でもまずは患部を毎日清潔にするよう、指導している。

(那須優子/医療ジャーナリスト)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し