女子アナ

またか!渡邊渚アナ・井上清華アナに続き…「めざましテレビ」藤本万梨乃アナを襲う「痩せこけた顔」ブラック労務

 メインキャスターの井上清華アナが4月に2日連続で欠席した「めざましテレビ」(フジテレビ系)に、新たな心配事が発生した。同番組情報キャスターの藤本万梨乃アナからも、笑顔が消えてしまったというのだ。フジテレビ関係者によれば、

「藤本アナは番組内でニュースコーナーも任されるようになり、そのせいでシリアスな表情を浮かべることが多くなったのかと思われました。ですが、とうとう局内で『働かせすぎではないか』と体調を懸念する声が挙がり始めました」

 情報キャスターは藤本アナと渡邊渚アナ、原田葵アナの3人。ところが昨年6月に渡邊アナが「うまく指が動かなくなった」「うまく呼吸もできなくなった」と尋常ではない体調不良を訴えて、無期限休養に入っている。

 その際、藤本アナが渡邊アナの代役を務め、さらに井上アナが4月に欠席した際の代役も。番組進行をよく知る藤本アナの代役抜擢は仕方ないとして、藤本アナは朝の生放送番組を担当しながら、日曜22時から23時15分までの生放送「Mr.サンデー」のアシスタントキャスターも任されている。

 藤本アナ「Mr.サンデー」出演後、月曜はお休み。火曜から木曜は、午前5時25分からの「めざましテレビ」生放送がある。出演機会のない金曜にも情報キャスターの取材があるため、この2年間、週休1日かつ朝5時から24時までのブラックな労務環境が続いているという。前出のフジテレビ関係者が嘆息する。

「年度の改編時にもアナウンス室から配慮の声が上がらなかったといいますから、驚きです。東大医学部卒の藤本アナを、将来的には朝の顔や報道キャスターに育てるための愛の鞭かもしれませんが、その前に潰れされてしまう。その証拠に、今年に入ってから藤本アナの頬がこけ、顔がひと回りもふた回りも小さくなってしまった…」

 フジテレビの朝の顔はこれまでも大塚範一、笠井信輔、そして渡邊アナが病魔に冒されてきた。さらに4月20日の特番「FNS明石家さんまの推しアナGP」では、井上アナの激務を「致死量」とネタにし、不謹慎すぎると猛批判されたばかりだ。

 もし役員待遇の三宅正治、軽部真一両エクゼブティブアナウンサーをもってしても、めざましファミリーの部下達をブラック労務環境から守れないとしたら、フジテレビの闇は深すぎる。

(那須優子)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し