スポーツ

高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった

 5月29日に日本代表のFW久保建英が所属するレアル・ソシエダ(スペイン)と東京ヴェルディの親善試合が行われる。

 それに先立ち、26日に日本ツアーに臨む20名の遠征メンバーが発表された。ところが、楽しみにしていたファンはまさに「ガッカリ」で、期待外れの空気がむんむんに立ち込めているという。サッカーライターが解説する。

「超目玉の久保のほかには、マリ代表のDFアマリ・トラオレ、元スペイン代表MFブライス・メンデスは遠征メンバー入りしています。しかし、6月14日にヨーロッパの頂点を争う『EURO2024』が開幕するため、スペイン代表に選出される可能性のあるGKアレックス・レミロ、DFロビン・ル・ノルマン、MFミケル・メリーノ、MFマルティン・スビメンディ、FWミケル・オヤルサバルといった、日本のファンが顔の一致するメンバーはあまり入っていません」

 加えて、レギュラークラスのDFアイヘン・ムニョス、MFイゴール・スベルディアは負傷中。久保のアシストを外しまくるキャラクターとして、日本でも愛されているナイジェリア代表FWウマル・サディクは、今夏に移籍の噂があるためか、やはり選ばれていなかった。

 今季のチャンピオンズ・リーグに出場しているとはいえ、ソシエダは決してビッグクラブではない。控え組はあきらかに格が落ちることもあって、アジアツアーはなめられていると、ファンからは嘆きの声があふれんばかりだ。

 もはや1.5軍以下は確定だが、さらにガッカリのダメ押しが…。来日する主力組のコンディションが万全とはいえないと言うのだ。

「5月25日にソシエダはスペインリーグの最終節を終えたばかり。間違いなく疲労困憊のまま、強行日程で来日することになりますね」(前出・サッカーライター)

 ならば、もはや見どころは久保の凱旋出場ぐらいになりそうだが、それすらも「ある問題」を抱えているという。前出のサッカーライターが厳しい表情で話す。

「久保は6月6日、11日に行われるW杯アジア2次予選のメンバーに選ばれています。ですから怪我は絶対に避けなければならず、フル出場ができるのかどうか疑問です。ところが、ヴェルディ戦のチケット代はメインスタンドで2万4750円、ゴール裏でも9900円、オプション付きのエクスペリエンスシートの最高額は350万円という超強気な価格設定で話題となりました。それでも各クラブの日本ツアーが盛んとなる前の5月に単独の来日とあって、完売したシートがあるなど、売れ行きは好調だと聞いています。しかし、疲労困憊の上に怪我回避、さらに格落ちメンバーの『三重苦』では、金額に見合った試合を見られる可能性は低いと、ファンが失望するのも仕方ありません」

 しかも、泣きっ面に蜂か。強い勢力となっている台風1号が、29日あたりに日本列島に近づくという予報が出ている。せめて台風だけは予想進路を外れて、「来日」してほしくないが…。

(風吹啓太)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し