スポーツ

自分の血液を注射…左太腿負傷でも「40本塁打40盗塁」を狙う大谷翔平が受けた「PRP療法」って何だ?

 MLBドジャースの大谷翔平は、5月27日に予定していたメッツ戦が雨天中止となり、球場で報道陣の取材に応じた。注目されたのは、ロバーツ監督が明らかにした、5月16日のレッズ戦で牽制球が当たった左太腿裏(ハムストリングス)の状態だった。

 5月25日の試合の3打席目にライト方向への3塁打を放った際には、1塁ベースを回ってもトップスピードに乗ることはなく、ゆっくりと3塁に到達。足の状態が心配されていた。ハムストリングスの打撲について、大谷はこう話した。

「日に日によくなってきている。スイングにはそこまで影響はない」

 筋肉の張りではなく打撲部位の筋肉損傷で、大事には至ってないことを強調したのだった。

 ロバーツ監督は5月25日の囲み取材で、

「盗塁をしようとしないこと。スマートであること。そして、彼がラインナップにいることの価値が全てだ」

 と大谷に「盗塁封印令」を出したが、それでも大谷は翌26日の9回に盗塁を狙う素振りを見せている。大谷には今季、狙っているタイトルがあるからだ。メジャーでもまだ史上5人しか達成していない「40-40」、すなわち「40本塁打、40盗塁」の栄冠である。

 過去にこの記録を達成したのはバリー・ボンズやアレックス・ロドリゲス、ホセ・カンセコなど、メジャー球史に残る名選手ばかり。昨季2023年にはアトランタ・ブレーブスのロナルド・ホセ・アクーニャ・ブランコ・ジュニアが5人目となった。

 その「40-40」を実現するために、ハムストリングスを痛めた大谷が受けているとみられるのが「自己・多血小板血漿注入療法(Platelet Rich Plasma療法)」だ。

 大谷は2018年に右肘を痛めた際にも、PRP療法を受けている。患者本人から血液を採取、余分な成分を取り除いた血小板を高濃度で含む血漿(けっしょう)を、損傷部位に注射する。高濃度血小板には様々な成長因子が含まれており、損傷部位の痛みや炎症を抑えることができるほか、腱や筋肉の修復力をアップさせる効果がある。

 日本国内では加齢で変形した膝関節の疼痛緩和、再生治療(自費診療、保険適用外)として注目されており、一部論文ではPRP療法を受けた患者の60%が、膝の痛みが軽減したとの報告もある。自分の血液を使うので、副作用が少ないのがメリットだ。

 欧米ではPRP療法は主にスポーツ医学に応用されており、膝や肩の損傷、アキレス腱損傷、ハムストリングの肉離れにも高濃度血小板を注射する。打撲による痛みを取る効果も期待できる。

 雨天で現地時間5月29日にダブルヘッダーとなったメッツ戦、束の間の休養と先端医療の恩恵を受けて、大谷には連敗脱出の決勝打を放ってほしい。

(那須優子/医療ジャーナリスト)

カテゴリー: スポーツ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し