スポーツ

「切り札」松坂大輔は…西武ライオンズ「次の監督選び」に暗雲!「ひとまず外国人に任せてみては」の急場しのぎ

 ドン底に沈む西武ライオンズは現在、休養している松井稼頭央監督に代わり、渡辺久信監督代行が指揮を執るが、明るい光はなかなか見えてこない。シーズン序盤にして既にストーブリーグ化している現状で出てくるのは、「次の監督を誰にするか」だ。ところがこれにも、もう暗雲が垂れ込めているというから穏やかではない。スポーツ紙遊軍記者が現状を解説する。

「GMである渡辺監督代行には事実上、編成トップとしての仕事があります。今季終了までは仕方がないにしても、来季以降も監督を続けるのは難しい。早い段階で次期監督を決めて、チーム再建に乗り出したい…これが本音でしょうが、まだメドが立っていないのです」

 プロ野球の監督選びともなれば通常、自薦他薦が飛び交う。ところがチーム状況を考えれば、火中の栗を拾うようなもの。誰もやりたがらないのが実情だという。プロ野球中継スタッフが慮る。

「プロ野球12球団では最も多く、FAで選手が流出しているチームですからね。たとえ監督に就任したとしても、いつ主力がいなくなるかわからない。正直言って、しんどいですよ。落ちついてチームを構築できそうにないようでは、誰もが二の足を踏んでも仕方がないでしょうね」

 親会社や球団フロント内には、かつてのエースである松坂大輔氏の監督就任を推す声が多い。ところがこれに、途中休養させるという松井監督の処遇方法がネックとなって立ちはだかっているという。前出のスポーツ紙遊軍記者が顔を曇らせて語る。

「松坂氏は西武にとって、最後の希望の光ですからね。監督になった暁には万全のバックアップ体制を敷き、絶対に失敗させるわけにはいかない。もし松坂氏が松井監督のような状況になれば、もはや監督を快く引き受けるOBはそうそう出てこなくなるかもしれません」

 そのため、OBからは「外国人監督に一旦、指揮を任せてみてはどうか」という意見が持ち上がっている。

 かつては巨人と球界覇者の座を争った名門チームの凋落に、誰が歯止めをかけられるのか…。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】