芸能

「紅白パフォーマンス事件」でNHKに干され…DJ OZMAが急転直下の引退宣言/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 自称2000年に韓国で、2004年には台湾でデビュー。2006年、満を持して「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」で日本デビューを飾り、なんと同年末のNHK紅白に初出場したDJ OZMA。

 ところが、何も着用していないかのように見えるボディースーツの女性ダンサーらによる「脱ぎパフォーマンス」に対し、放送中から抗議が殺到。番組途中で総合司会の三宅民夫アナが「裸ではありません」と釈明する騒ぎが勃発した。

 騒動後、NHK側から番組出演のオファーはパタリと途絶える。翌2007年の紅白出演メンバー発表に際しては、選考発表前からスポーツ紙で「出場辞退宣言」するパフォーマンスを見せるも、むろん出演メンバーに彼の名前が入ることはなかった。

 そんなDJ OZMAが突如、記者会見を開き、年内いっぱいでの引退を発表したのは、2008年11月27日だった。OZMAはこう語った。

「2006年の紅白をピークにゆるやかな下降線をたどり、本日に至ります。私はスターではなく普通の人間。これが限界ではないかと思いました」

 ところが少し前の9月、とんねるずとの新ユニット「矢島美容室」のお披露目記者会見では、

「目標は紅白復帰と東京ドーム7日間公演。今年の紅白のプロデューサーに詫びを入れたい」

 と明言していただけに、この急転直下の引退発表に報道陣は驚くばかり。ただ、「紅白」出演は諦めきれないようで、

「最近、非通知でNHKのプロデューサーに電話してます。Perfumeやジェロは来年も頑張ると思うけど、僕には今年しかないんです。中学時代は縦社会だったので、土下座は得意のもの。ビックリするくらいにきれいな土下座を見せますよ」

 冗談とも本気とも取れる「紅白出演要請」で、会場を沸かせたのである。とはいえ、新ユニット結成からわずか数カ月での引退発表に、芸能記者の間では「ある噂」が囁かれたことも事実だった。

「6月に一部週刊誌が、彼の愛人だったとする女性の告白記事を掲載しました。報道直後、本人は自身のブログで〈だって、逢ったこともないじゃん! つーか、自分で言うのもなんだけど〝DJ OZMAの愛人〟って…正直微妙じゃねー?〉と、女性とは面識すらないとして全面否定。その後、怪文書騒動が起きます。だでさえスキャンダルには敏感なNHKですからね。特に『紅白』となれば、なおのこと。それが引退に繋がった大きな理由なのではないか、ともいわれています」(スポーツ紙デスク)

 真相のほどは定かではないが、「DJ OZMA」はフリーの俳優に襲名させ、引退後は他のアーティストへ楽曲を提供するなど裏方に回る、と。そして「DJ OZMAは永遠に不滅です」との言葉を残し、壇上から降りた。

 はたしてOZMAを突然の引退へと導いた本当の理由は何だったのか。気になるところである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】