スポーツ

【激突】西武・大久保博元コーチVS菊池雄星「罰金徴収トラブル」解雇騒動/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」

「デーブ解任、雄星に暴行」

 スポーツ紙各紙にそんな大見出しが躍ったのは、2010年7月23日だった。当時、西武の大久保博元2軍打撃コーチが、ルーキーだった菊池雄星とトラブルになったのだ。

 記事によれば、大久保コーチが菊池に対し「不適切な行為を行った」疑いがあることから、球団は大久保コーチを解任、球団本部長付けにしたというのだが、

「日ごろから菊池に対する大久保コーチの当たりが強かったことは、担当記者なら誰もが目にしていた。ただ、暴力行為となれば、話は別です。報道陣からの『不適切な行為とは、暴力行為なのか』という質問に球団関係者が否定しなかったことで、ドラフト1位ルーキーへの暴行事件として、上を下への大騒ぎになりました」(スポーツ紙デスク)

 では、両者の間にいったい何が起きたのか。スポーツ紙デスクが続ける。

「プロ野球界では監督やコーチ、選手間で、練習に遅刻したり、試合中のエラー、見逃し三振などした場合、罰金を徴収することがあります。それがコーチや選手との飲食費や、オフのゴルフコンペ資金に使われる現実があり、これは12球団のほとんどで行われていること。ところが大久保コーチが打撃担当になってから罰金額の相場が急騰し、選手から不満の声が上がっていたそうです。ある時、それが球団にバレた。大久保コーチは食事会をキャンセルするようになっていた菊池が漏らしたのではないか、との疑念を抱き、複数の選手の前で『チクったのはお前だろ!』と胸ぐらをつかむなどの行為に及んだといいます」

 ただ、球団が本格的な調査に乗り出したのは、大久保コーチ解任を各スポーツ紙が報じた日。つまり本格調査開始前、すでに解任されていたことになるわけだが、その背景を前出のスポーツ紙デスクはこう推察した。

「大久保コーチは2008年の渡辺久信監督就任とともに、1軍打撃コーチとして西武に復帰した。この年は巨人を破って4年ぶりの日本一に輝いたものの、日本シリーズ終了後に、女性への傷害容疑で書類送検されるというスキャンダルが発覚。球団は『コンプライアンスの徹底』を謳う親会社の手前、大久保コーチの現場復帰に二の足を踏んでいました。しかし、渡辺監督からの熱心な要請があり、さらには2軍打撃コーチに適任者が見つからなかった。そこで『降格』という形での現場復帰となったと言われています」

 そんな状況下で起こった暴行事件である。西武は7月29日、大久保コーチの解雇を正式に発表した。

 ただ、捨てる神あれば拾う神あり、とはよく言ったものだ。その後、楽天コーチ、監督を経て、巨人で打撃コーチに就任したことは、プロ野球ファンなら知っていることだろう。

 自身のYouTubeチャンネルでは「暴言はあったが、暴行はなかった」として、菊池と和解していたことを告白。球界での活躍もさることながら、お騒がせぶりでもその名を刻むことになったのである。

(山川敦司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】