社会

息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路

 これこそ因果応報か。実の孫娘に毒殺されたとされる、室町時代から安土桃山時代にかけての武将がいる。それが甲斐親直で、出家後は宗運の号を名乗った人物だ。

 肥後(現在の熊本県)の阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の重臣である甲斐親宣の子として生まれ、宋運は大永3年(1523年)、初陣で活躍し、800町(一町は約3000坪)の領地を与えられた。天文10年(1541年)の木倉原の戦いでは、主君に反旗を翻した御船城主・御船房行を討伐。その功によって、1000町の領地と御船城城主の座を与えられた。

 宗運は主君・阿蘇氏への忠節を頑ななまでに貫いた人物で、主家を裏切ろうとする者や、主家の政策に背こうとする者を容赦なく粛清したことで知られている。それは息子とて例外ではなく、日向(現在の宮崎県)の伊東義祐に接近を試みた次男・親正や三男・宣成を誅殺。四男の直武は国から追放した。

 この厳しい処分に異議を唱えた嫡男の甲斐親英は、宗運の暗殺をもくろんだほどだが、この計画は事前に露見してしまう。

 本来はこの未遂事件の責任を追及されて、親英は殺害されるところだったが、嫡男であることに加えて、戦国時代といえどもわが子を一度に殺害しようとする過酷な処分に対して家臣たちが嘆願し、思いとどまっている。

 だが、宗運の性格を知る親英の妻は「舅は必ず夫を成敗する」と考え、娘(のちに木山備後守惟久の妻)に命じて、宗運の毒殺を実行させたという。

 親英の妻は同じ阿蘇氏家臣・黒仁田親定の娘だったが、親定はかつて伊東氏に内通したため、宗運によって暗殺されている。

 親定を殺害するにあたり、宗運は親英の妻に「父の殺害を決して恨まず、また宗運に復讐を企てない」と誓約させた。そのため、親英の妻は自ら手を下さずに、宗運を油断させる意味もあり、娘に命じたのである。

 この時、宗運は75歳だったため、高齢のためか、本当に毒殺だったのかは、今現在も見解が分かれているところだ。

(道嶋慶)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】