政治

都知事選ポスタージャック騒動「謎の美女」の「QRコード」からリンクされていた「意外なサイト」

 7月7日に投開票が行われる東京都知事選挙。6月20日の告示では、過去最多となる56人が立候補した。

 現職の小池百合子都知事と前参院議員の蓮舫氏、前広島県安芸高田市長・石丸伸二氏、元航空幕僚長・田母神俊雄氏ら主要候補ばかりが注目されるが、今回の選挙で波紋を広げているのが、掲示板の「ポスタージャック」である。

 政治団体「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首は、団体に寄付をすることにより、立候補者でなくとも「オリジナルポスター」を貼ることができるという斬新な取り組みを打ち出した。同団体は24人の候補者を擁立しているため、掲示枠は膨大にある。その結果、立候補していない人物が作成した選挙ポスターが、都内各所で掲示されることになっているのだ。

 前代未聞の掲示板には格闘家のぱんちゃん璃奈ら、非立候補者の顔が並ぶが、ひときわ目を引くのが「カワイイ私の政見放送を見てね」と記された「謎の美女」だ。政治ジャーナリストが言う。

「これも立花党首によるポスタージャック・プロジェクトの一貫ですね。『カワイイ私の政見放送を見てね』は、立候補者である内野愛里氏が代表を務める政治団体の名称なのですが、一部のポスターには内野氏ではなく、見慣れない美女の写真が掲載され、QRコードが貼られています」

 複数のバージョンが確認されている「謎の美女ポスター」。このQRコードは、どこにリンクされているのか。政治ジャーナリストが苦笑しながら続ける。

「コードを読み取ると、有料SNSサービス『これやん!』内のページが表示される仕組みになっている。ネット上の反響を見るに、早くも謎の美女につられて読み取る人が続出している様子です」

 まさかのリンク先であった。

(川瀬大輔)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】