スポーツ

巨人・松原聖弥⇔西武・若林楽人「緊急トレード」を的中させた里崎智也の「なるほど」な慧眼

 くすぶる球団同士の「緊急トレード」である。巨人・松原聖弥外野手と西武・若林楽人外野手のトレードが成立した。今季開幕後のトレードは、12球団で初である。

 松原は仙台育英高校から明星大学を経て、2016年の育成ドラフト5位で巨人に入団。2017年7月に支配下登録された。2021年には135試合に出場し、打率2割7分4厘、12本塁打、37打点、15盗塁を記録したが、近年は出番が減少していた。

 一方の若林は駒大苫小牧高校から駒澤大学を経て、2020年にドラフト4位で西武に入団。2021年には44試合に出場して打率2割7分8厘、2本塁打、10打点、20盗塁を記録した。昨季は2年ぶりの一発を放つも、6月中旬に「特例2023」で離脱。そのまま再昇格を果たせず、シーズンを終えている。今季はここまで19試合に出場して打率1割2分9厘、3本塁打、5打点の成績だった。

 西武は今季、ぶっちぎりで最下位を独走しており、貧打解消のためにトレードを模索していた。左打者で力強い打撃が魅力の松原には即戦力として期待が寄せられているが、お世辞にも大型補強とは言い難く、西武ファンからは冷ややかな声も出ている。スポーツライターが語る。

「同ポジションでの交換なので、戦力補強的な意味合いよりも、お互いに環境を変えることで活躍のきっかけをつかんでほしい、という球団の親心が働いたトレードといえるのではないか。松原は球団公式インスタグラムのライブ中にズボンを脱ぐような天然キャラで、チーム内では愛されていた。どんよりとした西武ベンチを明るくしてくれるでしょうね。流し打ちを覚えれば確実に率を残せますから、西武コーチ陣がそれをうまく生かせるかどうか」

 野球評論家の里崎智也氏は6月23日に投稿したYouTubeチャンネルの動画で「トレードに出した方がいい西武の選手」として若林の名前を挙げると、

「欲しいチームはいっぱいあるし、いい選手も獲れる。1軍で使わないのであれば、(他チームで)チャンスがある」

 と発言していた。まさにその予想が大的中した今回のトレード。両選手にとって復活への転機となればいいが。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】