芸能

名プロデューサー佐久間正英が最後に目を掛けた「乃木坂46」生田絵梨花の才能

20150119ikuta

 アイドルグループ・乃木坂46が7日、1stアルバム「透明な色」で初週22.2万枚を売り上げ、オリコン週間アルバムランキング初登場1位を獲得。悲願の紅白歌合戦初出場へ向け、幸先の良いスタートを切った。

「昨年の紅白出場を逃した際、一番悔しがっていたのが第10thシングル『何度目の青空か?』でセンターを務めた生田絵梨花でした。3歳からはじめたというピアノはコンクールで入選した経歴があり、他にもクラシックバレエ、英検2級、書道準七段など多才です。昨年は舞台と映画にも出演し、乃木坂イチの逸材と言われています。また、有名な話ですが、BOOWYやGLAYのプロデューサーを務めた佐久間正英さんが父親の従兄弟。幼い頃に会っただけという間柄でしたが、一昨年、乃木坂の楽曲で初共演をしました。日本を代表するプロデューサーと直に接した経験はとても大きかったでしょうね」(レコード会社社員)

 2013年8月に末期ガンであることを公表し、昨年1月に亡くなった佐久間氏。遺作となった「Last Days」では、佐久間氏の要望を受け、キーボードで生田も参加した。レコード会社社員が続ける。

「入院中で病院から許可を得てのスタジオ入りだった佐久間さんですが、心配する生田さんに対し、『音楽は音を楽しむものなんだよ』と話し、実に楽しそうに演奏してました。また、レコーディングに参加した元JUDY AND MARYのTAKUYAさんに『彼女の力になって欲しい』と頼んでいました。ですが、TAKUYAさんは『僕の力なんていらないですよ』と答え、佐久間さんはうれしそうに笑ってましたよ。多くのミュージシャンに慕われた佐久間さんの要望なら、乃木坂を卒業してソロになった際には、みんな協力を惜しまないでしょう」

 親戚とはいえ、日本を代表するプロデューサーが最後に目を掛けた生田。彼女がアイドルという枠を超えてどう活躍するか、期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)