芸能

名プロデューサー佐久間正英が最後に目を掛けた「乃木坂46」生田絵梨花の才能

20150119ikuta

 アイドルグループ・乃木坂46が7日、1stアルバム「透明な色」で初週22.2万枚を売り上げ、オリコン週間アルバムランキング初登場1位を獲得。悲願の紅白歌合戦初出場へ向け、幸先の良いスタートを切った。

「昨年の紅白出場を逃した際、一番悔しがっていたのが第10thシングル『何度目の青空か?』でセンターを務めた生田絵梨花でした。3歳からはじめたというピアノはコンクールで入選した経歴があり、他にもクラシックバレエ、英検2級、書道準七段など多才です。昨年は舞台と映画にも出演し、乃木坂イチの逸材と言われています。また、有名な話ですが、BOOWYやGLAYのプロデューサーを務めた佐久間正英さんが父親の従兄弟。幼い頃に会っただけという間柄でしたが、一昨年、乃木坂の楽曲で初共演をしました。日本を代表するプロデューサーと直に接した経験はとても大きかったでしょうね」(レコード会社社員)

 2013年8月に末期ガンであることを公表し、昨年1月に亡くなった佐久間氏。遺作となった「Last Days」では、佐久間氏の要望を受け、キーボードで生田も参加した。レコード会社社員が続ける。

「入院中で病院から許可を得てのスタジオ入りだった佐久間さんですが、心配する生田さんに対し、『音楽は音を楽しむものなんだよ』と話し、実に楽しそうに演奏してました。また、レコーディングに参加した元JUDY AND MARYのTAKUYAさんに『彼女の力になって欲しい』と頼んでいました。ですが、TAKUYAさんは『僕の力なんていらないですよ』と答え、佐久間さんはうれしそうに笑ってましたよ。多くのミュージシャンに慕われた佐久間さんの要望なら、乃木坂を卒業してソロになった際には、みんな協力を惜しまないでしょう」

 親戚とはいえ、日本を代表するプロデューサーが最後に目を掛けた生田。彼女がアイドルという枠を超えてどう活躍するか、期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
テレ朝・安藤萌々、2年目で見せ始めた“Dバスト”の「本領発揮」!
5
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?