芸能

歌わない、踊らない…ジャニーズの落第生・生田斗真が「ジュニアの希望」になったワケ

20141126logo

 生田斗真扮する児童養護施設で育った刑事のイクオと、小栗旬が演じるヤクザで幼なじみの竜哉が恩人の敵討ちのために手を組み、法では裁けない悪を裁いていく本格警察エンタテインメントドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」(TBS系)が、1月16日からスタート。初回視聴率が11.5%であったことがわかった。

 主演を務める生田は、ジャニーズ事務所所属でありながら、俳優業一筋で活動をする一人で、その草分け的存在でもある。嵐の二宮和也、松本潤、相葉雅紀と同期でありながら、嵐のメンバーに選ばれず、当時は“ジャニーズの落ちこぼれ”と思い悩んでいた。そんな時に舞台と出会い、演出家・蜷川幸雄や共演した「劇団☆新感線」から様々なことを学び、俳優一本でやっていこうと決意したのだという。今でも尊敬してやまない「劇団☆新感線」の古田新太には特に影響を受け、古田のようになりたくて真剣に太ろうとさえ思ったほどだとか。

 生田の芝居に対するストイックな姿勢は昔からで、特に役作りは徹底している。映画「脳男」の際には体作りはもちろん、「死んだ目」になるために、ひきこもり生活をしばらく続け、共演した松雪泰子から「斗真くんの放つエネルギーが圧倒的で、焦りすら感じるほどだった」と言わしめた。

「生田はある先輩から言われた『出る杭は打たれるが、出すぎた杭は誰にも打てない』という言葉を胸に、歌って踊れるアイドル事務所から俳優一筋という別の道を切り開くことに成功しました。おかげで今や、デビューできていないジャニーズJr.に希望を与える存在になっています」(芸能関係者)

 ドラマ「ウロボロス」は、生田が原作のコミック2巻目を読んだ頃から演じてみたいと思っていた役で、「イクオを自分がやるなら相手役は小栗旬しかいない」と、思い描いていたキャスティング。それが実現されたこともあり、思い入れも大きいとか。

 放送された第1話を見ても二面性のある役柄を見事に演じており、プライベートでも仲の良い小栗との絶妙なコンビネーションはお見事。今後は鍛え抜かれたボディや、韓国にまで行って学んだアクションも見られるというから楽しみだ。

 ちなみに、嵐のメンバーがドラマに出演していないにもかかわらず主題歌を歌うというのも初めて。生田との同期の友情を感じさせるのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!