芸能

クマムシ、8.6秒バズーカーが大ブレイクも「歌ネタ芸人」は使い捨て要員!?

20141126logo

 アイドルソング漫才でブレイク中のお笑いコンビ・クマムシが、2月4日に「あったかいんだからぁ♪」でCDデビューすることが発表された。

 AKB48やBIGBANGのメンバーをはじめ、きゃりーぱみゅぱみゅとSEKAI NO OWARIのボーカルFukaseのカップルもハマったことから、ネットユーザーを中心に人気が拡大。とうとうCDをリリースするまでに至ったのだ。

 一方、小学生から高校生を中心にブレイク。意味不明の「ラッスンゴレライ」という言葉をリズムに乗せて歌うお笑いコンビが8.6秒バズーカーだ。二人の掛け合いが耳に残って口ずさんでしまうと話題を呼び、今ではネタ見せ番組の常連となっている。

「もしかしてだけど~♪」でおなじみ、昨年のどぶろっくのブレイクにはじまり、2015年もお笑い界は「歌ネタ」が引き続き流行の予感だ。

 クマムシはお笑いの風貌でありながら、甘い歌声と高い歌唱力でなりきって歌い上げるそのギャップで笑いを誘い、対して8.6秒バズーカーは、オリエンタルラジオの「武勇伝」や藤崎マーケットの「ラララライ体操」のように、繰り返し同じフレーズを歌って笑いの空気を作るパターンは「リズムネタ」とも言われ、ヒット作が多いジャンルである。

「クマムシの『あったかいんだからぁ♪』は、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の『ザキヤマ&フジモンがパクリたい-1グランプリ』でパクったことでも評判になりましたが、お笑いは多くの人にマネされることがブレイクのきっかけとなる。なかでも歌ネタはマネしやすく、広まりやすい特徴を持っています。両コンビとしては、これで第一関門突破というところでしょうが、逆に言えば、今後も多くの若手芸人たちがブレイクのきっかけを狙って歌ネタに挑んでくるでしょう。結果、同じようなネタがテレビに溢れ、視聴者に飽きられては使い捨てにされる、そんな歌ネタ芸人が増えることも懸念されます」(芸能ライター)

 テレビ出演に加え、動画サイトでも繰り返しネタが観られる昨今、広まるスピードも速いが賞味期限も短くなっている。若手芸人にとってはなんとも悩ましい時代になりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
4
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然
5
ツッコミに激怒した?霜降り明星・粗品、新春生放送でベテラン芸人と一触即発!