芸能

橋本マナミ 「愛人にしたい」フェロモンを放つ“旬な女”の素顔とは?(3)長い下積み生活が彼女を作り上げた

20150205gg

 そんな橋本を作り上げたのは、長い下積み生活があったからだろう。あっけらかんキャラからは想像もつかないが、実は今年でデビュー18年目。13歳の時に全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞したのが芸能界入りのきっかけだった。

 デビュー当初は大手のオスカープロモーションに所属。同じ年のコンテストで審査員特別賞を取ってオスカー入りした上戸彩とは、いわば同期の関係だ。10代の頃は大手飲料メーカーのCMなどで一時、注目を集めた。しかし、スターダムを駆け上がっていった上戸彩とは対照的に、清純派アイドルとしては伸び悩んでいたと言えよう。ドラマや舞台で女優として地道な活動を続けた20代を、橋本を知る関係者が語る。

「生活は質素倹約を心がけていました。アイドル業だけでは生活できず、ごく普通のアルバイトもしていたようです。しかし体のケアは怠らず、高い金がかかるジムには行かずに1回200円ほどで利用できる公共の体育館でひたすら汗を流していました」

 私生活では多くの恋愛も経験。「GQ JAPAN」14年11月号のインタビューでは、こんなオヤジキラーぶりを告白している。

〈年上の人とつき合うことが多かったですね。一番上は20代前半の時に25歳上の人〉

 何を話すかわからない危うさは昔からあったようだ。あるイベント関係者が振り返る。

「今から10年近く前、囲み取材で、挑戦してみたいことを尋ねられて、『キャバクラで働きたい』と答えて周囲を驚かせたこともあったようです。当時の事務所スタッフが慌てて『今のはナシにしてください』と報道陣に頼み、発言そのものはなかったことにされましたが‥‥。発言は制御不能でしたが、スキャンダルを書かれることもなく、20代を過ごせたのだから、ラッキーだったのでは」

 12年には現在の事務所に移籍。芸名を「橋本愛実」から「橋本マナミ」に変える。そこでエロ路線を解禁して、今日のブレイクにつながった。矢吹はこう話す。

「マナミは本当に芸能人?と思うほど節約家で、売れているのにもかかわらず、毎日自転車で移動して電車賃やタクシー代を節約しています。グラビアアイドルが集まる女子会が都内であった時もタクシーで来るかと思いきや、彼女は『私、自転車で来ているから』。そんな彼女をいつも見習わなくてはと思いつつ自分を甘やかしてしまう自分がいます(笑)」

 生活能力の高さが「愛人力」につながっているということか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
2
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
3
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…