芸能

橋本マナミ 「愛人にしたい」フェロモンを放つ“旬な女”の素顔とは?(3)長い下積み生活が彼女を作り上げた

20150205gg

 そんな橋本を作り上げたのは、長い下積み生活があったからだろう。あっけらかんキャラからは想像もつかないが、実は今年でデビュー18年目。13歳の時に全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞したのが芸能界入りのきっかけだった。

 デビュー当初は大手のオスカープロモーションに所属。同じ年のコンテストで審査員特別賞を取ってオスカー入りした上戸彩とは、いわば同期の関係だ。10代の頃は大手飲料メーカーのCMなどで一時、注目を集めた。しかし、スターダムを駆け上がっていった上戸彩とは対照的に、清純派アイドルとしては伸び悩んでいたと言えよう。ドラマや舞台で女優として地道な活動を続けた20代を、橋本を知る関係者が語る。

「生活は質素倹約を心がけていました。アイドル業だけでは生活できず、ごく普通のアルバイトもしていたようです。しかし体のケアは怠らず、高い金がかかるジムには行かずに1回200円ほどで利用できる公共の体育館でひたすら汗を流していました」

 私生活では多くの恋愛も経験。「GQ JAPAN」14年11月号のインタビューでは、こんなオヤジキラーぶりを告白している。

〈年上の人とつき合うことが多かったですね。一番上は20代前半の時に25歳上の人〉

 何を話すかわからない危うさは昔からあったようだ。あるイベント関係者が振り返る。

「今から10年近く前、囲み取材で、挑戦してみたいことを尋ねられて、『キャバクラで働きたい』と答えて周囲を驚かせたこともあったようです。当時の事務所スタッフが慌てて『今のはナシにしてください』と報道陣に頼み、発言そのものはなかったことにされましたが‥‥。発言は制御不能でしたが、スキャンダルを書かれることもなく、20代を過ごせたのだから、ラッキーだったのでは」

 12年には現在の事務所に移籍。芸名を「橋本愛実」から「橋本マナミ」に変える。そこでエロ路線を解禁して、今日のブレイクにつながった。矢吹はこう話す。

「マナミは本当に芸能人?と思うほど節約家で、売れているのにもかかわらず、毎日自転車で移動して電車賃やタクシー代を節約しています。グラビアアイドルが集まる女子会が都内であった時もタクシーで来るかと思いきや、彼女は『私、自転車で来ているから』。そんな彼女をいつも見習わなくてはと思いつつ自分を甘やかしてしまう自分がいます(笑)」

 生活能力の高さが「愛人力」につながっているということか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”