社会

医師・帯津良一の健康放談「2合の晩酌を1合にする人生は楽しいですか?」(2)

20150212r2nd

 実は、血圧や総コレステロール、中性脂肪、BMI(肥満度)は、メタボの基準とされる数値よりも少し高めのほうが長生きする、という報告が、複数の医療関係者から提出されています。数値で表すと次のとおりになります。

●総コレステロール 240~250mg/dl

●最高血圧 140~160mmHg

●中性脂肪 150~300mg/dl

●BMI 25~29(指数)

 09年に厚生労働省が発表した「体型別の平均余命」の結果でも、最も平均寿命が長かったのは、40歳の時点で「太り気味」だった人。いちばん早死にしているのが「やせ」で、「肥満」の人と比較しても、4~5歳も寿命が短いことが判明しています。

 江戸時代中期の禅僧、白隠慧鶴〈はくいんえかく〉の絵「すたすた坊主」で描かれているお坊さんのおなかも、かなりふっくらとしています。でも、太っていることなど気にせず、お酒と菜っ葉を手に持ち、実にいい笑顔をしている。

「すたすた坊主」にとって、酒と食は生きがいだったのでしょう。これは、昔から健康か不健康かの決め手は腹囲のサイズではなく、胸に煮えたぎる「ときめき」を重視していた証拠です。「ときめき」を心の中に持っていれば、太っていてもいいということです。

 メタボと診断されたら、摂取カロリーと合わせて脂肪やたんぱく質を少々、制限するといいと言われています。しかし、この指導法では数値を気にする食生活に陥ってしまいます。

 メタボを改善したいのであれば、暴飲暴食を避けて、心と体によしと思える食事の摂取量を減らすだけで十分。何を食べるべきで何を食べてはいけない、ということはありません。本当にうまいと思える旬のものや地場のものを、腹八分食べる。これは「いい人生」を歩むことにもつながります。

「粗食」という言葉に引きずられてはいけません。自分がうまいと感じるか否かを選ぶ基準にしましょう。食べる量を少し調整するだけでいい。苦しんではいけないのです。

 私は湯豆腐や旬の刺し身、枝豆とそら豆、里芋とじゃがいもが大好きです。

 それこそ「鬼平犯科帳」に登場する呑んべぇの肴ばかり(笑)。私が太っているのは、太っていることを気にせず、毎日の晩酌を欠かさないからです。

 ただし、年齢を重ねたらメタボかどうかは関係なく、適度な運動は必要です。私が続けているのは、気功と太極拳。太極拳は相当な運動量になります。患者さんを指導するため自分も運動をすることになります。それが結果として自分のためになっています。

 おかげで今でもいざという時、例えば電車に乗り遅れそうになったら、全力でダーッと走れます。

 ですから、腹囲のサイズや「数値」ではなく、胸に煮えたぎる「ときめき」があるかどうかを判断、指導するのが医者の役目だと私は考えています。そんなお医者さん、あまりいないですけどね。

◆プロフィール 帯津良一(おびつ・りょういち) 医学博士。東大医学部卒、同大医学部第三外科、都立駒込病院外科医長などを経て、帯津三敬病院を設立。医の東西融合という新機軸をもとに治療に当たる。「人間」の総合医療である「ホリスティック医学」の第一人者。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…