社会

テリー伊藤対談「山本太郎」(1)“ダンス甲子園”をやめた理由は…

20150319o

●ゲスト:山本太郎(やまもと・たろう) 1974年生まれ、兵庫県出身。1990年、高校1年生時に「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ)に出演し、注目される。91年に俳優としてデビュー。01年度日本映画批評家大賞助演男優賞、03年度ブルーリボン賞助演男優賞を受賞。11年に発生した東日本大震災後、反原発活動を開始。13年7月、参議院議員選挙で66万6684票を得て当選。14年12月政党「生活の党と山本太郎となかまたち」に合流し、小沢一郎氏と共同代表を務める。現在、原発問題、被曝問題、子どもと放射能、TPP問題、労働問題、社会保障制度改革、表現の自由に関わる問題などを中心に活動中である。

 反原発運動をきっかけに、俳優のキャリアを捨て、政界進出を果たした山本太郎参議院議員。最近では無所属から一転、小沢一郎氏率いる「生活の党」に合流し、世間の耳目を集めた。全てのきっかけとなった3.11から4年を迎えた今、山本氏の信念と戦略を天才テリーがとことんあぶり出した!

テリー 山本さんは「元気が出るテレビ!!」の人気コーナーだった「ダンス甲子園」からの関係だから、昔の仲間みたいな思いがあるんだよね。

山本 「元テレ」が僕のデビューですね。思えばあれが、僕の人生のピークでした(笑)。数カ月出たあと、僕が番組を抜けて。

テリー あのまま出ていれば、ますます人気が出て、さらにブレイクするはずだったのに、あそこで抜けるというのがすごいと思ってたんだよね。

山本 もう番組には出ないことを伝えたら「じゃあイベントでそれを発表したら」という提案をいただいて。

テリー 江ノ島の「元気が出るハウス」のステージで言ったんだよね。

山本 今でも覚えていますよ。ステージに上がる前、テリーさんが話しかけてくださって。「続けりゃいいのに」と、ひと言だけ。

テリー どんな考えで人気の舞台から去ったのか、聞いてみたかった。当時、山本さんは山本さんなりの人生設計があったんだと思うんですよ。どんな気持ちだったの?

山本 「ダンス甲子園」での表現を続けるのは無理だと思ったんですね。何か違う方法に変えていかないと、持続は難しいなと感じたんです。

テリー そこで俳優を選んだの?

山本 他にどんなことがあるだろうと思った時に、お笑いに歌や踊り、演技‥‥と考えて。「演技は前もって台本をもらえるらしい」みたいな。ある意味、消去法でしたね。「別に歌もうまくないし」と。

テリー 役者という仕事なら、挑戦できそうだと。

山本 そこにちょうど映画のオーディションがあったんです。合格して、準主役で選んでくださって。じゃあ、もうこの道でトライしてみようという感じの流れでした。映画はまったく当たらなかったんですけどね。

テリー その後、レポーターや番組の司会も務めて、いわゆる普通の芸能人としての生き方をしていましたよね。その生き方に対する疑問みたいなものはあったんですか。違う自分を模索していたとか。

山本 初めはオールラウンドプレーヤーになれたらいいなと思っていましたね。でも演技の世界に入って、そのおもしろさをいろいろな監督との出会いで教えてもらって。

テリー 演じることの意義を知ったと。

山本 はい。だからこれは「職人」として取り組むべき職業というか、演技は本当に深いなということがわかったんです。模索しながらというよりも、ベースは俳優をやり続けながら、他にできることがあるなら、チャレンジしようという考えでしたね。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?