芸能

「助かった!」能年玲奈の事務所トラブル報道に「進撃の巨人」ファンが安堵

20150509nounen

 女優の能年玲奈と所属事務所の独立トラブルが波紋を広げているが、“本筋”とは関係ないところで、マンガや映画界にもその話題が飛び火している。

 発端は、トラブルの内幕を報じた週刊文春の記事中に、人気漫画の原作で今年8月に実写映画化される「進撃の巨人」に能年がオファーされていたという記述があったこと。

「その役はファンの間で人気トップクラスの『ミカサ・アッカーマン』。しかも、原作では主人公の幼なじみのミカサを主役に据えた話に変えるという案まで提示されたのだとか。それが本当なら、製作サイドはそれほどまでに能年に惚れ込んでいたということでしょう」(芸能記者)

 しかし、そのオファーを事務所は断わり、結果、ミカサ役は水原希子に決まっている。この話を伝え聞いた能年は事務所に不信感を募らせ、今回の独立トラブルの一因になったという。

 もっともミカサは陰のある凄腕の兵士で主人公を守ることにすべてをかけているキャラクター。おっとりして“守ってあげたい小動物系”の能年とはかけ離れているため、ネット上では、

「ミカサの能年はありえない。水原のほうがまだマシ」

「能年だったら、その時点で大コケが決定していた」

「作者や監督が『あまちゃんファン』だったのか」

「(桜庭ななみ演じる)アルミンだったらわかる」

 と、無謀なキャスティングを逃れたファンの安堵の声が多数聞こえてくる。

 降ってわいた「進撃の巨人」の裏舞台。映画を観る際は、「もしもミカサが能年だったら」と想像してみたら、二度楽しめるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
平愛梨とあの女優は真逆!W杯観戦姿を撮られた「有名妻の対応」に差が出たワケ
3
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
4
Snow Man渡辺翔太の発言が騒動に!ガーシー予告「もう一組抜ける」の信ぴょう性
5
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」