芸能

大久保佳代子への「ババア発言」で炎上した加藤浩次に擁護の声!

20150521kato

 フジテレビの「27時間テレビ」で88キロマラソンに挑戦する大久保佳代子への挑発的な“ババア”発言により、すっかり主婦層の反感を買ってしまった加藤浩次。ネットはいまだ炎上中だが、加藤と共演したことのあるエキストラからは擁護する声が上がった。

「一般人参加型番組内でのことです。収録が終わり、私が加藤さんに記念写真をお願いすると、『ハァ? 写真? 何考えてんだよ、ダーメダメ!』と、嫌な顔をして立ち去ってしまったんです。ビックリして謝ろうとすると、加藤さんが即座に戻ってきてくれて、『ハイじゃあ写真撮ろう~!』と、その場にいた他のタレントさんも呼んでくださり、快く写真を撮ってくれました。後で聞いた話ですが、本当ならタレントさんとの写真は禁止されていたので、加藤さんがわざとああ言ってくれなければ、他のスタッフに止められていたとのことでした」

 こうした加藤の“フォロー力”は共演者にも発揮されているという。バラエティ関係者が明かす。

「数年前は、大久保さんは今ほどアドリブもきかずスベリまくっていたのですが、そのたびに加藤さんが厳しく叱責していました。しかし、収録が終わったあとは必ず優しくフォローしていた。今回の大久保さんへの発言も、加藤さん流の激励でしょう」

 また、別のバラエティ関係者はこう分析する。

「現在は朝の情報番組で活躍する加藤さんですが、もともとは“キレキャラ”でブレイクしました。『極楽とんぼ』時代もわざと大声でキレては、相方の山本圭壱にいさめられるというパターンで笑いをとっていましたからね。止める相方がいない今、加藤さんのキレ芸は単なるマジギレで視聴者に不快感しか与えなくなってしまった。共に司会を務める上重アナも利益供与問題でバッシングされて萎縮し、加藤さんにツッコミを入れることもできない。相方復帰を心待ちにしているのは、自分の芸に限界を感じているからではないでしょうか」

 加藤を知る者はみな、口の悪さの裏に優しさを感じ取っているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
2
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
3
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
4
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣
5
全脱ぎ披露!?「花のち晴れ」で飯豊まりえが起用された“裏事情”