芸能

「ヤメゴク」大島優子、「使用者責任で逮捕」は法律的にはまったくの事実誤認

20150521oshima

 視聴率低迷が続く元AKB48・大島優子の初主演ドラマ「ヤメゴク」(TBS系)だが、視聴者以上に法曹関係者を絶句させている。

 大島演じる永光麦秋は、警視庁が設置した「足抜けコール」係に勤務する女性刑事。「足抜けコール」係は、極道の世界から一般社会に戻りたい人を手助けするためにある組織だ。クライマックスは大島が組長に直談判するシーン。その際、怒った組員たちが彼女につかみかかる。すると、彼女はこのお決まりのセリフで啖呵を切るのだ。

「よかった、先に手を出していただいて。公務執行妨害で逮捕します。その場合、『使用者責任』で親分さんも逮捕することになりますが、いいですね」

 法曹関係者によると、」これは法律的にはまったくの事実誤認なのだという。

「ドラマを見ていると、『使用者責任で逮捕』というセリフ何度も出てきますが、法律的には大嘘です。『使用者責任』は民法715条の規定であって、刑法には使用者責任に関する規定はありません。共同正犯(共謀共同正犯)か教唆犯(きょうさはん)で逮捕、起訴ということになるのだろうと思われます。ドラマのことですので、目くじら立てるほどのことではないですし、法律監修が付く高予算番組とは違って、荒唐無稽も味のうちというのは理解しますが、見ていて少し恥ずかしくなります」

 大島の棒術に対し、誰も飛び道具を出さないなど、ツッコミどころは他にも満載だが、民事と刑事の違いも分からないのは刑事ドラマとしては致命的ではないのか。

 このまま視聴率が落ち続け、「AKB4.8%」と呼ばれなければいいが。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」