芸能

熊切あさ美よりも崖っぷち!「愛之助と同棲」は藤原紀香の仕掛けだった!?

20150529fujiwara

“ラブリン”の愛称で人気の歌舞伎役者・片岡愛之助と藤原紀香が「同棲している」と、一部週刊誌が報じことについて、愛之助がその日のうちにブログで完全否定した。

 記事によると今月21日、愛之助が出演する舞台「五月花形歌舞伎」を観劇した紀香は、終演後に友人や愛之助とその弟子と共に食事をし、散会後、愛之助は紀香が住むマンションに行き、そのまま一夜を共にしたというのだ。

 かねてより紀香が、愛之助の舞台を観劇しているのは歌舞伎界では知られていた。愛之助のブログによると、2014年11月27日、12月16日、15年1月21日、そして今回報じられた21日も、ツーショット写真付きで紀香が登場している。

 一方、紀香のブログにも写真付きで2度掲載されている。だが、紀香は2013年に外資系テレビ局の年下プロデューサーと結婚を前提に付き合っていると報じられていた。

「噂になったプロデューサーは、語学に堪能な長身のイケメン。性格も良く、社内でも断トツのモテ男。彼の担当する番組に紀香が起用されることになって交際が始まったと言われていましたが、番組終了と共に破局したようですね。というより、紀香だけが彼のことを恋人だと思っていたようです」(テレビ局関係者)

 つまり、紀香の独り相撲だったというのだ。

 また、今回の報道について芸能ジャーナリストは「紀香の仕掛けでは?」と話す。

「陣内智則との離婚後、“結婚も離婚も占い師の助言だった”などと報道された紀香が、恋人、あるいは梨園の妻になることなどありえません。愛之助が言うように単なる友人であり、今後も相思相愛はないでしょう。今回の報道も7月から始まる紀香主演の舞台『南太平洋』のための話題作りに利用されただけ。女優としてパッとしない紀香は、いまや単なる“お騒がせ女優”ですよ」

 まさに報道同日、自身のブログで「お騒がせしております」とシレッと綴っていた紀香だが、いまや愛之助の恋人と噂されていた熊切あさ美よりも「紀香のほうが崖っぷち」と揶揄する声さえ聞こえ始めている‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故