芸能

綾野剛主演「新宿スワン」大ヒットで気になるスカウトマンの懐実情!

20150612shinjukuswan.jp

 大ヒット公開中の映画「新宿スワン」。現在、客引きやスカウト行為は条例で禁止されているが、新宿アルタ前や渋谷スクランブル交差点で「スカウトマン」に声をかけられた女性は少なくないだろう。

「かわいいね。お仕事探してない?」「君なら時給8000円は出るよ」というお決まりの誘い文句の他に、「ねえ、飴食べない?」「一目惚れしちゃったんだけど連絡先教えてくれない?」など、ナンパのように声をかけているスカウトマンも珍しくない。彼らの中には漫画「新宿スワン」を読み“幸せ請負人”になろうと決意した者も多いだろう。

 年々条例が厳しくなり、この不景気の中、実際のスカウトマンたちはどのように活動しているのか。歌舞伎町のスカウトマンが話す。

「条例は厳しくなってはいますけど、今も昔と変わらず街頭でキャッチしてますね。昔と変わったのは名刺を作らなくなったことくらいかな。昔はバンバン名刺配っていたけど、個人情報が記載された名刺を路上にポイ捨てする女の子が多くて、警察から連絡がきちゃうんです。えっ、稼ぎですか? 今はスカウトのリスクが高くなったぶん人数が減ったので、昔とそう変わりませんね」

 収入については個人差があり、月30万ぐらいの人もいれば幹部クラスで200万円以上という人も。しかし、そうした幹部クラスの人は自バラの経費もハンパではなく、女の子と打ち合わせする際のご飯代や交通費他で、月に50万円以上と高額。実際、売れっ子の女の子が「お店を辞めたい」なんて言い始めた時には、電話やメール、直接会ってメンタルケアをすることも仕事の一つなのだ。

 公開初日に、綾野剛や園監督らが映画のRPを兼ねて歌舞伎町の清掃活動をしていたが、会社(店)によっては企業イメージ向上のため、地域の美化活動をしているところも少なくない。今後、東京オリンピックへ向けて、歌舞伎町も色々な意味でますます浄化されていくのだろう。日本最大の歓楽街から“怪しい匂い”が薄れていくのは、少し寂しい気もするが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…