社会

“麗しすぎる”佳子さま大フィーバーを辛口論客が切る!「報道のエスカレートで危険が及ぶ」

20150611z

 かつて姉の眞子さまが在学時、学園祭で「たこ焼き」を焼く姿が盗撮されたことがあり、大学側は佳子さまへの盗撮を警戒して、対策を講じているという。

「外部の人間も大学構内に入れますが、常に警備員が不審者の有無を見回っています。キャンパス内ではあらゆる撮影が禁止されています。また、学生には佳子さまについて、ネットなどに不用意な発言や書き込みをしないよう箝口令が敷かれているんです」(ICU関係者)

 こうした対応が佳子さまの望む「自由な校風」を阻害する結果となっているのも事実だ。一方で、皇族全体への影響を懸念するのは、皇室ジャーナリストの松崎敏弥氏である。

「すでに宮内庁は、マスコミ各社に対して、通学中などの取材、報道を自粛する申し入れを行っています。『佳子さま報道』により秋篠宮家ばかりが注目を集めることで、天皇家、東宮家との溝が生じるのではないかと案じています」

 騒動は国内にとどまらず海外にまで飛び火した。

 5月15日には韓国のネットメディア「デイリージャーナル」で「佳子さまを慰安婦に」との侮辱的記事が掲載された。また、5月20日にインターネット掲示板で、

「逆らえないようにしてやる。ICUには同志の仲間がたくさんいるからな」

 と書き込んだ43歳の無職男性が、投稿翌日に偽計業務妨害で警視庁に逮捕されている。

「報道がエスカレートすることで、佳子殿下の身に実際に危険が及ぶこともあるかもしれない。かつてバッシング報道が続き、精神的な苦痛を受けられて皇后陛下が失声症になられたことがありました。佳子殿下とて人間で、まだ20歳という年齢です。しっかりとしたガードが望まれます」(蜷川氏)

 成年皇族としての公務により、表舞台に出る機会が増えていく佳子さま。すでに「高価なブランド服を着ている」という誤報もなされた。また、みずからの言動が今後、バッシングに転じるおそれもある。

「ご皇族の方は、事実上、名誉毀損や侮辱について法的にガードするものがないというのが現状です。ただ法律で縛ればよいとは思いません。それ以前のたしなみをメディアや国民が身につけることが先決です。しかし、最後のガードとして厳重に対応できる法的な制度は必要だと思います」(高森氏)

 また、藤井氏は、このように指摘する。

「佳子さまの報道が過熱化することには、警鐘を鳴らし続けたい。しかし、その一方で、さまざまな世代の日本国民が関心を持つようになり、臣籍降下や旧宮家の復活など、ご皇室のあり方を考える、いいきっかけになればと思っています」

 昨年12月の記者会見で、自身の短所を尋ねられて、

「父と同じように導火線が短い」

 と答えた佳子さま。自身に向けられる心ない行動により、父・文仁親王ゆずりの短い導火線に火がつかないといいのだが‥‥。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え