芸能

テリー伊藤対談「萩本欽一」二郎さんとは私的な交流がなかったの?

20150611aa

テリー 「ダメなときほど運はたまる」という本を書かれていますけど、これって新しい価値観ですね。

萩本 僕の人生の中で、運って真正面から来たことがないの。「これがしたい」っていう仕事は来たことがない。いつも嫌な仕事ばっかり来るわけ。でも「嫌だ」って言えないからやると、次の大きな仕事にぶち当たるっていう。

テリー そういう嫌な仕事をやる時の気持ちって、前向きなんですか。

萩本 どうせ嫌な仕事なんだから思い切りやろう、それで怒られたら早くやめられるし、みたいな感じ。例えば、僕は司会はやらないって言ってたのに、「スター誕生!」の司会の仕事が来たの。だから、怒られたらやめてやろうと思って、アドリブで客席から子供を上げていじっちゃった。あとで「すみません。今週でやめさせていただきます」って言えばいいかと思って。そしたら、ディレクターが「これはおもしろいから、今後もやったほうがいい」って言うんですよ。そのことから「素人っておもしろい」って気づいて、次に作った番組は全部素人がメインですから。

テリー そうでしたね。

萩本 嫌な方に向かったほうが、絶対に運があると思う。だって、僕がコメディアン修業してて、一番嫌だなと思ったのは坂上二郎さんだよ。その人から「一緒に(コントを)やろう」って電話が来たのは、凄くショックだった。

テリー 何がそんなに嫌だったんですか。

萩本 一緒に出たら(芝居が)しつこいんです。でも、よく考えたら、しつこいんじゃなくて、僕よりうまかっただけなんですよ。「じゃあ1回だけね」って言ってやってるうちに、結局、二郎さんが亡くなるまで一緒にやってた。亡くなって「二郎さんっていい人だったんだ」って初めて気づいたんだよ。だって、二郎さん、僕に文句ひとつも言ったことないんだよ。年も7つ上なんだけど。

テリー そうなんですか。欽ちゃんにムチャなことばかりさせられてましたよね。

萩本 そうでしょう? あんなにどついたり、張り倒したりして。

テリー 二郎さんってどんな方だったんですか。

萩本 コンビ組んだ時に「だいたいコンビって仲が悪くなるから、長く続けるには深くつきあったり、会話をしないことだね」って言って、それらは一切禁止。

テリー えっ、プライベートのつきあいを?

萩本 はい。でも、僕が抵抗ありそうなことはすぐ察してくれたり、逆に番組の打ち合わせなんかは完全に僕に任せてくれた。「俺は欽ちゃんにずっとついて行けばいいんだから」って。涙が出るほど、最高の人だったなって思った。

テリー 二郎さんの最期には、どんな言葉をかけたんですか。

萩本 いやいや、あの人はどんなに涙を流しそうなシーンでもギャグにする人なんです。明治座で「今日ね、僕を治してくれた先生が客席に来てるんだ」って言って、先生に向かってね、舞台でいいセリフを言って泣かしてくれるのかなと思ったら、「先生! 先生のおかげで体がよくならなかった!」って(笑)。

テリー それはすごいね。

萩本 みごとなコメディアン。最後に見舞いに行った時、帰ろうとすると二郎さんが「欽ちゃん」って言って、手を出したの。握手しようっていうことなんだね。握手したら、何も言わないで、ただにっこり笑ってた。ここでセリフはいらないっていうのは、コメディアンの最高のおしゃれなんだけど、これがこたえてね、泣けてきてたまらなかった。それが二郎さんとの最後の別れだったね。

テリー 今後どんなことに挑戦してみたいですか。

萩本 この年になると、何がどこまでできるかわかんないんだけど、「何もない」って言うと元気のないオヤジに見えるでしょう。だから今はこう答えてるんです。「教えない」(笑)。

テリー ハハハ、これはやられた。

萩本 実は何にも答えてないんだけど、何かありそうな気がしていいでしょう?

◆テリーからひと言

 駒澤大学野球部に入ったら、ぜひ総監督になって、マイクを使って盛り上げてください。僕も神宮球場へ応援に駆けつけます。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”