政治

雅子皇后VSトランプ大統領「リアル神経衰弱」(3)仏大統領夫人を抱き寄せハグ&キス

 雅子皇后の外交デビューを前に立ちはだかるのがトランプ氏。数々の不適切発言を連発している大統領だけに、多くの国民は心中穏やかではない。しかも、今回の訪日スケジュールには宮中晩餐会の予定も繰り込まれている。皇室ジャーナリストが語る。

「晩餐会には未成年の愛子さまは出席されないでしょうが、雅子皇后は出席されるはず。晩餐会後には立食パーティーが開かれ、その場で天皇陛下を前に舞い上がったトランプ氏が歯に衣着せぬ発言をする可能性も否定できません」

 実際、トランプ氏は、17年にドイツで開催されたG20で舌禍騒動を引き起こしている。

 夕食会で隣に座った安倍昭恵夫人について「ハローさえ言わないほど、英語を話さなかった」と、米新聞社のインタビューに答えている。総理夫人の英語力を疑うような発言で、物議を醸したのだ。

「そればかりか、仏・マクロン大統領のブリジット夫人に対しては初対面で握手の手を差し伸べた夫人を抱き寄せてハグ&キスと熱烈な初対面を演じてみせました。そして夕食会では、両手でブリジット夫人の体のラインをなぞるような素振りをして『すばらしいスタイルだ。肉体的にすばらしい。美しい』と褒めたたえたのです」(政治部デスク)

 トランプ氏がその名のとおり常套手段とする「リアル神経衰弱」に持ち込み、雅子皇后が困惑する事態にならなければいいが‥‥。

「いえ、海外生活の長かった雅子皇后はたとえハグなどされたとしても動じることなどありませんよ。生っ粋の外交官なので、アメリカンジョークの下ネタすら平気です。むしろ、事前に綿密に下調べしてトランプ氏のことを丸裸にしているはずです」(皇室ジャーナリスト)

 トランプ氏に「カード合わせ」をさせない、天皇・皇后両陛下の華々しい外交デビューの成功を願うと同時に、楽しみでもある。

 今回のトランプ氏訪日は安倍晋三総理(64)が取り仕切っているが、

「(譲位の時期をめぐる意見の食い違い報道など)最近の天皇家と安倍政権の確執を見守る中、トランプ氏は安倍政権より天皇家との緊密な関係が重要だとの考えに至って当然です。日米関係を強化するためにも、天皇・皇后両陛下を取り込もうと努力するでしょう」(北氏)

 天皇、そして「外交ブレーン」たる雅子皇后への懐柔作戦が繰り出される、というのか──。

 令和の天皇・皇后両陛下による、予測不能男の賢明なるさばきをぜひ見たいものである。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
2
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
3
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
4
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史