芸能

広瀬すず、度重なる“上から目線発言”に「いつか痛い目にあう!」

20150623hirose

 広瀬すずが18日、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)に出演した際、番組や映画に関わる裏方スタッフを軽んじるかのような発言をしたとネット上で非難を浴び、19日、自身のツイッターで謝罪した。

 番組の名物コーナー「食わず嫌い王決定戦」にゲスト出演した広瀬は、自身の性格が「ドライ」で「結構冷めている」ことを前置きしながら、例えばイルミネーションを見ても、それ自体の美しさより、イルミネーションを設置したスタッフの心境に興味が湧いてくることを明かし、笑いを誘った。

 続けて、そんな広瀬の興味の矛先は、テレビ局で働く照明スタッフや音声スタッフにも同様に向けられると語り、「どうして生まれてから大人になった時に、照明さんになろうと思ったんだろう?」「なんで自分の人生を、女優さんの声を録ることに懸けてるんだろう?」「大人になって年齢を重ねると共に、本当に声を録るだけでいいの?」と、独自の持論を語ったのだった。

 この発言に「スタッフあっての女優だろうに」と批判が集中。また、「17歳が上から目線か?」などと、新人女優に対しては、やや手厳しい意見があふれたのだった。

「広瀬といえば、11日にも嵐のリーダー大野智(34)に『40歳と思った』と発言をし、大野ファンから反感を買ったばかり。17歳の子供らしい言動と許容する大人もいますが、そう捉えない視聴者がいるので、そろそろ発言には注意をすべきでしょう」(芸能記者)

 また、女優の美しさは照明スタッフの腕次第で大きく変わるとも言われる。

「名女優と言われる方たちは、照明さんへの挨拶を欠かさないどころか、指名までする。女優が照明さんを大切にしないと“痛い目”に合うというのも芸能界の定説。広瀬もしっぺ返しを食らわぬよう、注意したほうがよさそうです」(前出・芸能記者)

「食わず嫌い~」といえば、北川景子もこのコーナーで“食べ方が残念”と汚名を残してしまった過去がある。女優にとっては“鬼門”の番組なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”
3
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
4
ドーンと飛び出しそう!?加護亜依、最新動画で魅せたお椀バストの激ヤバ迫力
5
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象