芸能

TV美女目撃スクープ60連発!「アサ芸はミタ!」リターンズ(2)堀北真希 堤真一セクハラに一喝/あびる優「メイサはムカつく~」

 テレビや映画からはうかがえない美女の怒りぶりは、周囲の関係者を凍りつかせる。そんな驚愕現場を以下――。

昨年11月23日、現在、大ヒット中の映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」の打ち上げが、渋谷のホテルで行われた。
 主演の吉岡秀隆(41)をはじめ、堤真一(47)や三浦友和(59)、薬師丸ひろ子(47)ら、豪華な面々が顔をそろえ、ビンゴ大会で盛り上がる中、堀北真希(23)は渋い顔だったという。芸能プロ関係者が話す。
「生真面目なタイプの堀北は、独身貴族を謳歌する堤と吉岡の打ち上げモードの無礼講ぶりが相当、気に障るようでした。この日も、ニット帽にレザージャケットの堤、後ろ髪を縛り不精ひげにサングラスという吉岡の酒量が増えるにつれ、堀北の顔が険しくなっていきました。3時間後、二次会の場所に移動する時、2人がチラシ配りの女の子をからかったり、スタッフの女性の腰に手を回すなどの酔っ払いぶりに、『ちょっとチャラすぎません?』と、ご立腹でした」
 それでもこの現場、2人の乱れっぷりが収まることはなかったという・・・・。
 最近、すっかり話題に上らないモデルのマリエ(24)は、トラブル続きで、もはや芸能界には居場所がない状況だとか。
 そんなマリエが、2大ファッションイベントと呼ばれる「東京ガールズアワード」の本番前にブチギレていたのだ。芸能関係者が声を潜めて言う。
「会場の代々木体育館で、朝9時からリハーサルがスタート。マリエもバックステージ裏で待機していたものの、スタッフがマリエの所在の確認を怠り、代役にランウェイ(舞台をポーズをつけて歩くこと)をさせてしまったんです。それを見たマリエが『朝からスタンバってるのに、何やってるのよ!』と激怒し、『ファック!』と叫びながら入り口の扉を蹴飛ばし、立ち去ろうとしたんです。慌てて関係者がとりなすも、会場に戻ってきたのは本番10分前のことでしたよ」
 渋谷区内のバーでは昨年12月上旬、恋敵に悪態をついていたあびる優(25)が目撃された。ほの暗いオシャレなバーに似つかわしくない大きい声で話していたため、周囲にも丸聞こえだったという。
「私の彼に黒木メイサ(23)が凄いしつこくって困るんだけど。ホント、やだ!」
 あびるといえば、交際中のF1レーサー・小林可夢偉(25)が、黒木メイサに寝取られたことが話題になった。その後、黒木はジャニーズタレントの赤西仁(27)と“できちゃった婚”をしたが、当時、あびるは可夢偉との関係が微妙な時期だった。
 仕事の接待で居合わせた男性客もアキレ気味に語る。
「あびるは、他にも『(可夢偉に自分という)カノジョいるってわかってるのに、そんなことやるなんて。
ムカツク~。何なの、いったい!』とヒートアップ。それでも怒りが収まらないあびるは、黒木を“アイツ”呼ばわりで罵倒してましたよ」
 昨年のクリスマスイブも寂しく友人と過ごす始末。
「代官山で行われたクリスマスパーティでは、知人女性数名と会場に現れ、男性の姿はなかった。お酒を飲んで上機嫌になったあびるは、店内で流れていた曲に合わせ踊ったり、パーティに出席していた知人と楽しそうに会話をしていたが、可夢偉を超えるようなイイ男は見つからなかったのか、途中で1人で帰ってしまった」(出席者の一人)
 その後、F1レーサーを巡る女の戦いの結末は、無事、元のサヤに納まり、あびるに軍配。今年は寂しいクリスマスを送らずに済むかもしれない。
 

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
5
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に